ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

競馬予想で迷った時は迷わず見送りレースにしなはれや!

こんにちは、馬券生活者ゆうぞうです。

競馬予想をしとったら、うーん、こっちにしよか、あっちにしよか、と迷う事は誰にでもある事やわな。そやけど迷うレースってのは本来迷わずサッサと見送りレースにするべきレースなんや。

迷うという事は自分が想定出来る範囲ですらそれだけ五分五分の可能性の選択肢があるって事やから、自分の見落としなんかも含めると、その迷った選択肢の内1つを選んで正解する可能性は「これしかない!」という確信のある時と比べて絶対に低いはずやねん。

今日は浦和競馬の1レースから観戦スタートで、早速1レースの森泰斗騎乗のノースエンペラーが休み明け3戦目とあって上手く先行して粘るんちゃうかと思うんやが、気になるのは内枠の2番ジュニア。この馬は前走の着差は大きいもののデビュー4戦目で上積みが充分見込める。

結局迷って締め切りまでに馬券を絞り込む事が出来ずに1レースは見るだけに徹した。レースではわしの想定外に外枠から見越騎乗のグランココがハナを切って先頭に立つ。ふーむ無理して逃げたという感じも無いし、最後まで持つんやろか?と思っていたが、心配をよそに4コーナーを先頭で通過。

わしの馬券候補だったジュニアとノースエンペラーも2番手争いでひと塊になっとる。こりゃ複勝やったらどっちを買っても正解やったか…

と、思った次の瞬間!先頭で逃げていた見越が…

コテーン!と落馬しよったがな!!!おいおいおい!!!しかも横に倒れこんだもんやさかい森の進路上に見越が入り込み、森のノースエンペラーが「踏み切ってジャンップゥゥ!!」やないかい!!!

インの秋元も手綱を目一杯振って危険回避して不利になったがなんとか3着キープで、落馬のドタバタを尻目に外から8枠2頭がラクラク差し切ってワンツーを決める。

わしの当初の馬券候補やった森のノースエンペラーは、見越の体の上を通過した後に思いっきり減速、レースをほぼ放棄。森のア○タレはレース中に後ろ振り返っとんねん。通過した後振り返っても状況は何も変わらへんし、新たな事故防止のためにもレースが終わるまでは自分の仕事に集中せんかい。

なんぼ振り返ったところでもう通過してしもてんのに何にも出来る事なんかあらへんやろが。結局ノースエンペラーは6着。はー危ないところやったで。さすがのスーパー馬券師ゆうぞうさんも見越の落馬までは予想しきられへんよってな。

ほれ見てみい、迷ったレースはこんな感じになりよんねん。こんなん森の馬券買うてたら発狂してまっせ、ホンマ恐ろしい事ですわ。

しかし、見越の奴あの落馬で2レース騎乗すんのかい。7レース以降は騎手変更したようやが、落ちてすぐは気ぃ張ってアドレナリン出とるからな、痛み感じへんねん。後になって痛なってきたんやろな、まぁでもその程度の怪我で済んで良かったやないか、ホンマ気をつけなあかんで。

結局この後の浦和競馬ではロクに勝負できそうなレースもなく、一日終わってレース結果を振り返ってみれば11レース中1番人気が勝ったのが2回だけと、少々いつもより波乱傾向となった今日の浦和競馬。昔の人は逃げるが勝ちとはよう言うたもんや、今日は勝負せんで正解やったで。

丸一日馬券を買わんと過ごしたが、無駄にはしてへん。データを分析したり、傾向を調べたり、勝つための努力は常に怠らへんでぇ!!!明日は狙い目のレースがあるとええなあ。

馬券だけで飯が食えるほど勝ち続けたいならうまめし.com 競馬必勝法を読む事やな!

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です