ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

競馬で用意した自己資金と同額の儲けを得る確率

こんにちは、馬券生活者ゆうぞうです。

競馬はギャンブルやから軍資金が必要やわな、無一文の奴は馬券を買う事すらでけへんねんから勝負も糞も無い。ほんで、やっぱり誰かて馬券勝負するからには勝ちたいわけやが、なかなか思い通りに行かへんからみんな困ってはんねん。

さて、例えば自分が自己資金として10万円ほど用意したとしてやな、これを2倍の20万円にしようと思ったら、いったい確率的にはどれぐらいの難しさなのか?それをちょっと計算してみようかと思う。

例えば単勝2.0倍に10万円を賭ける一発勝負の場合なら、オッズと控除率から導きだした成功率は計算上40%という事になり、40%の確率で資金は2倍になって、60%の確率でオケラになる。

一発勝負は怖いという事で2回勝負に分けた場合を考えてみると、1回目は単勝3.0倍に5万円を賭け、馬券が不的中の場合には単勝4.0倍に5万円を賭けるとするならば、成功率は3.0倍の単勝馬券が的中率26.7%で、4.0倍の単勝馬券が的中率20%やから、失敗率58.64の成功率41.36%やな。

いずれにしても一発勝負で資金倍増を狙うのとそう変わらへんわけや。

さて、ほんなら3連単穴狙いとかの場合はどうか。

10万円の資金なら100円ずつ使えば1000レース連続で外れても資金は大丈夫やから、1点買いで1000レース連続20万馬券を狙い続けて、どこかで当たればOKという事になる。

つまり、最初の1レース目は1001倍の配当を狙い、2レース目は1002倍の配当を狙い…としていくわけやな、これはちょっと手計算では面倒やから、コンピュータに計算してもらいまっせ。

おーほほほ、驚きまっせ、なんと1001倍から2000倍まで狙うオッズを1ずつ上げて100円ずつ1000レース消化した時の成功率が39.5%でほぼ40%という計算結果になりましたで!!!

つまり、好配当ばっかり狙う事に喜びを見出し、少額配当や本命馬券を鼻で笑っているような奴も、結局理論上の資金倍増成功率はほぼ一緒という事になるわけや。

わしの当てる1倍台馬券を「そんな安いの当てて嬉しいんかい」と思ってる奴もおるかも知れへんが、あなたたちが1000レースもかけてやってる事をわしはたった1レースでやってるだけの話なんやな。がはは(笑)残念でした!!!

なので本命党も穴党もどちらかを馬鹿にするような発言は慎むべきやとわしは思うねん。競馬ファンはようわからんけど、やたら自分が正しくて他人は間違ってると思いたがる性質があるが、案外似たりよったりやという事やろな。

ほんでや、ここからが重要なところやねんけど、上記はあくまで一般的な理論値から求めた成功率という事になるねんけど、ほんなら成功率を高めるにはどうしたらええかと言うと、1つ1つの狙った馬券の的中率をちょっとでも高めてやる事が大切や。

もちろん、オッズは据え置きでやで。例えば今まで10倍前後の馬券ばかり買うとった奴が5倍前後の馬券を中心に買うようになって、よっしゃ的中率が倍になったで!と言ってもそれは当たり前ちゅう話やし、肝心の回収率にはなんら好影響が無い。

あくまで10倍前後を狙ってた奴はそのゾーンの配当を狙いながら的中率を上げる必要があるわけで、ほなそれをどうしたらええか?と言うと、大きく分けて2つ。レースを絞るのと買い目を絞るちゅう事や。

具体的にどうやって絞ったらええか、それは勉強や研究を重ねなあきまへんわな。

馬券だけで飯が食えるほど勝ち続けたいならうまめし.com 競馬必勝法を読む事やな!

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です