ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

盛岡競馬データで見える傾向は単勝1番人気の過剰人気

こんにちは、馬券生活者ゆうぞうです。

ちょっと先日の盛岡競馬のレースを見ていて思うところがあり、今年に入ってからの盛岡競馬のデータを精査してみると、ちょっとおもろい事がわかったので、今日はそれについて話そうと思う。

とは言っても、今年に入ってから盛岡競馬はまだ160レースほどしか行われていないので、さほど母集団として信頼度が高いとは言い難いかも知れへんが、そのへんは承知の上で話を聞いて欲しい。

2015年になってからの盛岡競馬の単勝1番人気の単勝回収率は、なんとたったの64%しか無い。1番人気の勝率が40%ほどなので、5レースに2回ほどしか馬券が当たらないにも関わらず、当たった時の配当が平均160円しか無いのが原因や。

つまり、盛岡競馬の単勝1番人気は今のところ過剰人気し続けとるちゅう事やな。

結構少頭数のレースが目立つので、当然単勝全体が売れづらくなるちゅうのもあるやろし、土日開催になる事によって最近IPATに加入した人で、IPAT地方競馬を使って盛岡競馬の単勝を買ってみる人もおるんかも知れへん。

いずれにしても、今年に入ってから単勝3番人気をアホみたいに買い続けた人は回収率120%になっとるねんから、笑いが止まらんやろうな。

ただ、やからと言って今後も単勝3番人気を買い続けてプラス収支になるかと言うと、それは少々疑問がある。あくまで1番人気が過剰に人気してしまっているという現状を考慮しつつ、今後の変化にも対応していかなあかんわけや。

大体、こういう○番人気を狙う…みたいな方法は、地方競馬は特にオッズの変動が激しいよって、狙った人気をピシャっと買うのは難しかったりする。締め切り2分前ぐらいに3番人気でも、自分や他の人の投票で人気順が変動するなんて事は日常茶飯事やからな。

あくまで1番人気のオッズが実際あるべき数値よりも低いねんなぁ…ぐらいの参考程度にしてもらったらええんちゃうかな。

ちなみに昨年以前はどうやったかと言うと、2014年は単勝1番人気の回収率は78%で、その前年とさらにその前年も70%台、その当時は馬券の控除率が単勝でも25%やった事を考えると、少なくとも過去3年間では今年ほどの偏りは無いようや。

恐らく一時的な傾向かとは思うが、盛岡競馬の馬券を買う時には参考にしとくんなはれ。

馬券だけで飯が食えるほど勝ち続けたいならうまめし.com 競馬必勝法を読む事やな!

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です