ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

地方競馬の新人騎手の年収金額知ってる?

こんにちは、馬券生活者ゆうぞうです。

先日JRAの新人騎手の年収金額知ってる? JRAの新人騎手の年収金額知ってる?という記事を書いたんやけど、内容的には初年度から結構稼げてしまうんやでという話やった。

ほんで、今日は地方競馬の方に目を向けてみて、地方競馬のデビューしたての新人騎手が初年度にどれぐらい稼ぐことができるんか?という事にスポットライトを当ててみようと思う。

JRAの時と同様に2015年デビューの高知競馬松木大地騎手の騎乗回数からおおよその数字を算出してみた。その結果318回騎乗で6勝。これが中央競馬やったら1300万円程度の収入になるわけやが、高知競馬だと騎乗手当と賞金額が少ないので大体150万円ぐらい。

ただ、算出に用いた騎乗手当の金額が結構前の売上一番厳しかったころの情報を元にしているので、現在はもうちょっと上がってると思うねんけど、それでも300万円までは行かへんのちゃうかな。

もちろん、これは騎乗手当と獲得賞金の5%を単純に足しただけの金額やから、調教を付けたりだとか、何かイベントに参加してギャラが発生していたりとか、他に何か副業的なことがあればそれにプラスされていくわけやけどな。

ちなみに高知競馬のリーディングトップジョッキーである赤岡騎手の場合は、2015年度は獲得賞金が1億4000万円で、その5%なら約700万、そこに1000回ほどの騎乗手当があるので大体収入としては1500万円に届くか届かんかといったところや。(注:騎乗手当の金額は昔のデータなので実際は大きな誤差があると思われる)

赤岡騎手は南関東などの他場でも騎乗する機会が多いのでこの金額やが、高知だけに限定して騎乗しているとなかなか稼げないのが実情やわな。リーディング2位の永森騎手で前年度の獲得賞金は4600万円やから赤岡騎手の半分かそこらやで。

わしは先日、高知競馬の嬉騎手がレースの途中で追うのを止めたのを批判した。嬉騎手の前年の獲得賞金の5%というと34万円ほどで、わしが批判したレースの3着と4着での騎手に入る金額の差額はたったの300円しかあらへん。

そら46歳のおっさんが300円の差額のためにしんどい事するかいな!という話やねんけどな。そやけど自分は300円やから良くてもお前の複勝に10000円張ってる奴おったら10000円損か、10000円プラスかで差額は2万円も違うねんで!

しかし、高知競馬のC2クラスと言えども1着と2着の賞金額の差は9万円あり、騎手の取り分としてはおおよそ4500円の差が出てくる。300円の差額ではやる気出ぇへんくても、4500円違ったらちょっとだけ違うかもわからへん。

やから地方競馬の騎手としては「勝てそうや」と思う時と「上位には行けるけど2着から4着ぐらいかな?」と思う時とでは、やる気に大きな違いがあっても不思議は無いで。

そういう事情を考えると、2着3着あたりに来るかな?という馬を軸にして狙うよりも1着か大敗かどっちかやという馬を狙った方が馬券的に良い結果につながる事もあるんちゃうかな。

馬券だけで飯が食えるほど勝ち続けたいならうまめし.com 競馬必勝法を読む事やな!

フォローする

コメント

  1. nanasi より:

    ゆうぞうはんは年間でなんぼほど馬券を買ってますか。
    金額というよりも、券の数はどれくらい買ってるんでっか。
    多くの記事を読む限り、ここぞと見極めたレースの1点に結構な金額を投入しているように推測するのですが、そうすると券の数はそこまで多くないんでっか。
    人によっては毎レースすべてに買い目を広げて小さな利益を積み上げるタイプの人もいますし、1日に単勝1本のみの人もいますし。
    そこらへんはどうなんでしょか。

    • 馬券生活者ゆうぞう より:

      全然買わない日もありますよー。

    • 馬券生活者ゆうぞう より:

      騎手の勝ち星が騎乗馬の馬質に左右されるのと同じように、やはり馬券師の成績もどんなレースにどんな馬が出走してきたかで変動しますからねー。

  2. さこた より:

    おひさしぶりです。

    やっと競馬教科書の効果が出始めて中央ではプラスになることができました。買い方覚えてから3ヵ月プラスなんでおそらく、このままいけると思います。ここに到達するまで長かったー。
    相談なんですが、同じ理論がそのまま地方で試したら全く通用せずに悩んでます。中央だけやってればいいんですが、若干競馬中毒なので平日でも馬券が買いたくなってしまいます。
    自分の予想は脚質というか、道中の位置どりを使ったものなんですが地方でうまくフィットさせるためのヒント頂けたらなーと思うんですが、もしブログの記事かなんかでまとめてもらえると助かります。うまく質問できずに申し訳ないです。
    あと、高知の林謙佑騎手がとってもアグレッシブになってきて成長してきたなーと感じるんですがゆうぞうさんから見てどうでしょう?個人的には馬券で助けられたことがあったのでとてもお気に入りのジョッキーです。

    • 馬券生活者ゆうぞう より:

      おお!おめでとうございます!
      そうですね、何か記事書きましょうかねー!

  3. 馬券生活者ゆうぞう より:

    林謙佑騎手については、うーん高知で世話になってる田中守厩舎の馬でそこそこ人気してれば2016年に入ってからの複勝率は58%なんで、まずまず頑張ってるのかなーという印象ですが、特別注目しているとか、そういう事は無いかな今は。

    地方競馬最高騎乗回数記録(40,201回)を誇る桑島孝春元騎手と同じデザインの勝負服にするあたりはシブイなーと思いますね!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です