ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

うまンchu馬券生活のミルクボーイ内海は予想上手いな!

こんにちは、馬券生活者ゆうぞうです。

今日はちょっとローカルな話題になるので東日本の人は退屈かも知れへんけど許してや。関西テレビの番組で「うまンchu」ちゅう競馬番組があんねんけど、その番組の企画のひとつにお笑い芸人が馬券の収益だけで3ヶ月の生活にチャレンジするコーナーがあんねん。

今はミルクボーイというコンビが挑戦中やねんけど、このコンビの内海が馬券の買い方が上手い。

過去には数々の芸人が散って行ったんやけど、唯一「ビタミンSお兄ちゃん」という芸人さんだけクリアしてるっていう状態やから、はっきり言って成功率は低い。

チャレンジに失敗して来た芸人の買い方を見ると、やはり番組として成り立たさないといけないとか、普段の買い方じゃなくて、ちょっとええカッコした馬券を買おう…とか、そういう馬券の買い方した奴は早々に散っとるね。

「今までの人生で何も良い事なんか無かった」という女芸人の堀川も結構ええところまで行ったんやけど、最後の最後はメンタルで負けてしもたね。彼女も確かほとんど複勝一本で行くスタイルやったけど、自分自身のスタイルを守れてた時は良かった。

その後にかわいい女性レポーターとして番組に登場した森下真知子と一緒にコンビを組んでチャレンジした事があってんけど、森下はまだまだ競馬勉強中でド素人やし、堀川も全くええところが無かった。

勝負事に雑念があって勝てるわけが無いねん。

実はミルクボーイのチャレンジもこれが2回目で、1回目のチャレンジでは予想に集中出来ない環境で予想せざるを得なかったり、当人らとしては「自分らのスタイルをきっちり守れたらもっと上手く出来てたはずや!」という思いが強くて、今回はリベンジの戦いなわけやな。

今回はテレビ的にどうこうという考えを一切捨てて、真剣に自分が獲れるレースを選んでいる事もあって、順調に馬券生活を消化して2ヶ月が経過した。途中イベントで周りに乗せられるような形で不本意な馬券を買った時は負けたが、それ以外ではホンマに自分のペースで事を運んどる。

ただ、お笑い芸人やのに番組中に彼らが笑いをとっているシーンは一切無いし、彼らの発言で笑った事も一度も無い、お笑い芸人としての道はまだまだ先が長いのかも知れへん。

唯一笑ったのは相方の駒場が内海のために料理をしたんやが、それが茹でた鶏肉・豆腐・納豆だけのタンパク質オンリーやったのがおもろかったぐらいかな。笑ったいうても「ふふっ…」ぐらいやけどな!!!

でも無駄なレースに手を出さずに絞ってる馬券スタイルは正解やと思うわ。まぁ生活費を支払って3ヶ月目に突入するので、所持金が少なくなったのが今後の結果に大きな影響を与えるやろう。

やっぱりな、競馬で勝とうと思ったら、テレビ番組ひとつとってもボケーと見とったらあかんねん。そういうチャレンジで失敗するような奴の敗因を、視聴者という客観的な立場から冷静に分析する。そして、自分に当てはまってしまうようなところは無いか?と自問自答する。

そして、ある程度上手く行ってる奴がいれば、なんでそいつは上手く行ってんのか?と考える。要因がわかれば自分の馬券スタイルに取り込んでみる。そういう改善につなげんとあかん。

グリーンチャンネルでやってる「競馬場の達人」とかでもそうやで、WIN5当てた事でも有名な「インスタントジョンソンのじゃい」とかは、学べるところいっぱいあるやろ、そういうの参考にせんと。

逆にしょうもない「お前誰やねん!」いう奴とか、スポーツ選手とか出てきて、これまたしょうもない馬券買うとる奴おるやん。なんか謎理論を語り出すような奴とか。そういう奴らのハズレ馬券をどうやったら自分がかすめ取る事が出来るか?それを常に意識しながら視んとあかんで。

馬券だけで飯が食えるほど勝ち続けたいならうまめし.com 競馬必勝法を読む事やな!

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です