ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

園田競馬傾向 朝の1レースはボーナスレース

こんにちは、馬券生活者ゆうぞうです。

園田競馬の傾向として、の朝1Rは当てやすいレースやな。なぜかと言うと朝の1Rというのはその日のレースの中で一番弱い馬で組まれたレースになるわけや。

ほんで、園田競馬は上のクラスで着外を連続3回取ると降級するシステムになっていて、C2クラスで若手や新人に乗せてサッサと3連敗(3連続着外)させてC3で本気出す…というパターンが結構多い。

2016年5月12日の1レースなんかでも、2番人気のドリームカムツミーはC2で着外を1回した後、高畑に乗せて2連敗させて、今回C3に降級して来とるわな。

そこに1番人気ゴッドガーデンはC2でハナを切れるが逃げきるまでには至らへんスピード馬で、他の馬は時計は遅いし先行力もさほど無いし、上位2頭で決まりやすい状況なわけや。

勘違いせんように予め言うとくけど、朝の1レースが毎回必ずこのパターンで来るわけでは無いで、あくまで降級馬を狙い打つには向いてるちゅう事やな。

ちなみにこのレース田中学がお父ちゃんの騎手時代の勝利記録に並ぶかどうかという節目のレースらしく、これは学も気合が入っとんちゃうかな。男としては親父越えってなんか嬉しいやん。

やから、この2頭の馬連・枠連で勝負する事にしたんや。朝の1レースやし金額は控えめ。自分の賭け金でオッズを大幅に下げてしまう事ほど悲しいものは無いからな。それで外れた日にはもう屁ぇこく気力ものうなってまうわ。

学のゴッドガーデンがサッと逃げて、それに外から吉村のドリームカムツミーが並びかけようとする間を永島のアウルムが割って入っての2番手。仕方なく吉村はキュッと手綱を引っ張ってインに潜り込む。

学が逃げて永島がそれを終始マークし、その後ろでじっと脚を溜める吉村。恐らく馬券圏内の争いはこの3頭に絞られるやろうと思って見とったわけや。

向正面を半分過ぎて、そろそろ永島がタレるころやろ…と思っとってんけど、何が何がグイグイ先頭に迫って勢いが衰えるどころか4コーナーでは学の馬を捉えてしまいかねん手応えや!

sonoda-keiba-20160512-1

あかーーーーん!!

と思ったが、直線を向いてからは学の馬がじわりと永島を突き放し、その外を吉村の馬が交わして2番手に浮上!吉村が一完歩一完歩ごとに学を追い詰めるがクビ差迫ったところでゴール!!!

わっしょーーーい!!

これで馬連4-7と枠連4-7の的中や。よすよす。そうやろう、そうやろう。続く2レースでも田中学1着でついに親父を越えた。おめでとう。わしも体重とウエストサイズでは親父をとうに越えた。お互い父親を越えた者同士、何かしら通じ合うものがあるな。

…ま、まあこんな感じで園田競馬の傾向の1つとして頭に入れておいたら便利なんちゃうかな。競馬の勉強はチミを裏切らへん、馬券という形でちゃーんと返ってくんねん。

馬券だけで飯が食えるほど勝ち続けたいならうまめし.com 競馬必勝法を読む事やな!

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です