ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

毎年春のG1外人それほど勝ってないねん

こんにちは、馬券生活者ゆうぞうです。

昨日のダービー、結構ええレースやったんちゃうかな。サトノダイヤモンドの猛追も見所あったし、マカヒキの粘りも大したもんやった。それにわしが馬券買うてたディーマジェスティも馬群から抜け出すのに時間かかったように見えたけど、末脚は確かやった。

複勝馬券3つの中で最も高額配当を当てるわしの馬券の上手さだけが一際異彩を放つダービーやったから、これは歴史に名を残す名ダービーとして語り継がれるやろう。

本題に入るけど、2着に負けたサトノダイヤモンドに騎乗してたんはC.ルメールやが、実は春のG1ってあんまり外人勝って無いねん。今年だけちゃうで、毎年やねん。

今年春の平地G1は9戦消化したところやけど、その内外国人ジョッキーが勝ったのはフェブラリーSのデムーロ、桜花賞もデムーロ、ほんでNHKマイルCのルメールの3つ。

まあ外人の方が人数が少ないねんから、パーセンテージで言えば外人の存在感はやっぱり大きいねんけど、なんかさ「G1や重賞は外人買うとったらええねん」みたいな考えの人もちらほらおるやん?

2着3着にはそら仰山来てるやろから間違いでは無いと思うねんけど、単勝とか3連単の1着とかで1点でも少ない買い目で済むならそれに越した事ないやろ。

去年も外人3勝、一昨年は外人1勝、その前も3勝やけど、その前は0勝やねん。イメージほど春のG1を外国人ジョッキーがバンバンさらって行ってるわけでは無いねんな。

2012年の岩田なんか春のG1だけで3勝、年間G1を6勝しとるからな。去年のデムーロでも年間4勝やねんから、当時の岩田の勢いは凄まじいものがあるわ。

外国人ジョッキーもJRA所属になった事で収入が安定するようになったやろ、やっぱり人間安全圏におったらちょっと安心して気持ちが緩む事もあると思うねん。

ほんで、日本人ジョッキーにしてみたらデムーロとルメールが通年日本で騎乗するわけやからずっと観察できる。外国人ジョッキーの癖や弱点なんかも見えてきて、外国人攻略法がだんだんと確立されてきたりするかも知れへん。

データ的にどうこうとか、統計的にどうこうちゅう証拠は無いねんけど、今年は武豊・福永・池添とか蛯名とか、戸崎や川田もそうかも知れへんが、なんとなく昨年までとは違った印象を感じるねん。

これから夏競馬に突入したらまたまた馬券も難しくなっていくからな、春が調子よくても夏競馬は別物やから、油断しとったらすぐに春の儲けを吐き出してしまいまっせー!

馬券だけで飯が食えるほど勝ち続けたいならうまめし.com 競馬必勝法を読む事やな!

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です