ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

船橋競馬は荒れるのか堅いのか?

こんにちは、馬券生活者ゆうぞうです。

今回は船橋競馬は荒れるのか堅いのか?これについて話そうと思う。もう船橋競馬がナイター競馬なんてのは、すっかりお馴染みになってしまったな、なんかずっと昔からそうだったような錯覚すらあるわ。

昨日は船橋競馬の3連単は8Rで40万馬券、9Rで68万馬券と大万馬券が連発しとる。こういう馬券がポコンポコン当たれば何の苦労も無いんやが、まあ難しい。

やが、やっぱり荒れるレースちゅうのは「荒れるニオイ」を出してる事が多いわな。出馬表の馬柱をよーく見てみると、意外と40万馬券も手が届きそうな気がしてくるで。

ええか、これが昨日の船橋競馬8Rの出馬表や、このレース過去の馬柱を見てみると1番テイケイパステルは過去5走中2走で逃げとる。あと1番人気のアイドリームドも過去5走中4走で逃げとる。

ほんなら今回も逃げるのはこの2頭か、もしくはスタート決まったら2番3番4番とか10番あたりもまあ逃げたとしても不思議は無いわけや。1000mやからな、上手く逃げられたらそら人気が無くても馬券圏内に残るのはあり得る話や。

なんせ船橋競馬場1000m詳しいコース特徴 傾向 攻略法で書いてるように逃げた馬の殆どが負けても5着以内に来てんねんから。

この40万馬券も出目は2-4-1やろ、全部上記で言うてる馬番やからな。逃げても不思議無いなー、先行しそうやなー、そういう馬が6頭おって、これを3連単ボックスで買うたら120点やから12000円か、ほんで40万なって返って来るがな。

まあ実際にはゴーノムラサラを買うのに皆勇気がいるって事なんやろうけど、この馬新馬戦で1000m走ってんねんけど、そん時のタイムがやや重で1分2秒8やねん。

2歳のデビュー戦でこれやから、それから2年経ってるからな、ホンマはもっとタイム縮めて来れるはずやねんけど、去年の9月に勝ち馬から2.7秒差の大敗。これは明らかに身体おかしいやろって事で休養になる。詳細は知らん。

ほんで休み明けてからの2戦も勝ち馬から3秒以上大差負け2連発となると、そら人気も下がって当然やわな。そこから3ヶ月また休んでの再休み明けが勝ち馬から勝ち馬から1.2秒差負けで若干復活の兆しみたいなもんは見て取れる。

ところがどっこい、その次が勝ち馬から2秒以上離された大敗で、これが決定打となって今回の単勝オッズ87.2倍につながるわけや、そやけど元々どうにもならん駄馬っちゅうわけではないねん。

デビュー3戦目に船橋競馬の1200mで出したタイムが良馬場で1分14秒5やねんけど、これって今回の1番人気のアイドリームドが3走前4走前に出したタイムと比べてもかなり優秀なタイムやねんで?

ほんでもってここのところずっと1500mに出走して、先行は出来るけど最後まで息が持たんでズルズル下がって大敗…のパターンばっかりの馬が1000mに距離短縮やがな!もっぺん言うけどこの馬先行は出来るねん!

まあただ近走の着順を見るとこいつの単勝1点!とか、3連単で頭固定!とかはなかなか難しいとは思うけど、複勝で買ってみるかとか、3連単マルチの相手候補に入れておくとか、そのレベルなら全然アリってのは今の話でわかってもらえると思う。

そう考えると船橋競馬はまだ理詰めでかなり「正解に寄せる」事が出来る競馬場のような気がするな、大井競馬が猛威を振るう時にはもう理も何もあったもんやあらへん。

逆に名古屋競馬なんかカッチカチすぎて安すぎて買われへんとかな、川崎もよう分からん荒れ方する時があるように思うし、浦和と船橋はどちらかと言うと堅いというか、荒れても荒れた理由がわかりやすい気がするわ。

馬券だけで飯が食えるほど勝ち続けたいならうまめし.com 競馬必勝法を読む事やな!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする