ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

競馬予想スタイルや馬券スタイルを変えないから負けて負けて負け続けるねんドアホ!

こんにちは、馬券生活者ゆうぞうです。

競馬予想スタイルとか、馬券スタイルって、一度固まってしまうと簡単には皆変えようとはせえへん。もちろん、それで良い結果が出てるならまだしも、負けて負けて負け続けとる奴が偉そうに「自分を信じて馬券スタイルは簡単には変えない!(キリッ」とか言うてるのはどうかと思うねん。

わしの考えはまるで逆。

「ゆうぞうさん、僕は馬券収支プラスなんでスタイル変えんで良いですよね?」という奴もハッキリ言って大間違い。なぜならその時点で「もっと良い結果を得る」事を放棄しとる。年金貰う爺さんやあるまいし、真剣勝負に向かう人間の発想法では無いわ。

むしろどんどん色んな事にチャレンジしてみて、どんな結果が出るんか体験するべきや。

決まりきった手順を行うだけで金を得たいなら、工場の流れ作業でもやっとったらええねん!競馬やぞ!馬券やぞ!バクチやぞ!他人の財布叩き落として奪い取る勝負やぞ!

例えば競馬予想スタイルにしても、現状で近走の着順を重視する奴は、そこに至るまでに様々な経験の積み重ねがあってその答えに行き着いた事やろう。血統を重視する奴も過去に色んな経験があってこそ血統重視という答えに行き着いたやろう。

馬券スタイルにしても例えば三連単を買ってる奴も、他の馬券式別には無い良さを三連単に見出したからこそ、今の馬券スタイルに辿り着いたんやろう。

そやけど、現状以上が存在しないなんて事が何で分かるねん?ちゅう話やねん。

お前先週もそのまた先週も、その前もその前も、ずっとずっとずっとその買い方して負け続けて来てるんやろ!ええかげんに目を覚ませ!いつまでその買い方しとんねん!!!

自分が辿って来た選択肢の中では今のスタイルが一番かも知れへん。そやけど、自分が今まで捨てて来た選択肢、存在に気付きもしなかった選択肢、その先の分岐を辿って行ったところに、自分が今まで想像もしなかった結果が待ってるかも知れへんねん。

わしが今まで勝って勝って勝ち続けて来たんは、常に自分は向上したいという気持ちで自分の馬券力を磨いて来たからやし、サラリーマンが毎月もらえる給料という「安定」を全力で蹴っ飛ばして退路を絶って前進し続けて来たからや!

勝たなきゃ誰かの養分、それは船も外も変わらない – 伊藤カイジ

1991年サンデーサイレンスが種牡馬としてデビューした。その後サンデーサイレンスとその子孫が競馬界においてどれほどの戦績を残して来たかは今更言うまでも無い。それまでノーザンテーストの独壇場やった日本競馬をあっさりと塗り替えよったんや!

今から12年前、三連単がJRAに導入された。それ以前とは馬券のシェア率も変わった。多くの連中がそれ以前には軽視されていた3着を意識する事になった。2013年には走行妨害による降着のルールが変更され、2015年には外国人のJRA免許保持者が誕生した。

今述べた以外にも競馬界では日進月歩で物事が移り変わってんねん!それやのに、なんで今までと同じやり方がいつまでもいつまでも通用すると思うてんねん!!!

上手く行ってへん馬券スタイルなんか捨てぇ!古臭い競馬予想スタイルなんか捨てぇ!さっさと進化せんと先に寿命で死んでしまうど!立ち止まってる奴なんか勝てるかっちゅうねん!

ちなみにわしはここで勉強して馬券上手になったで!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 嫁と娘が鴨宮ファン より:

    専門学校を卒業してから専業のパチプロを15年ほどやっておりました(社会人歴ほぼ無し)が、最近勝ちにくい状態になってしまったのでやめました。(理由は全て説明できますが長くなりそうなので)

    今現在は馬券で生活費を稼ごうと、毎日競馬に取り組んでおります。

    パチンコはとても簡単に(条件が揃っていれば)勝てました。

    競馬は激しく難しいですね。こんなに難しいとは思いませんでした。パチンコとは比べもんになりません。

    競馬専業になってまだたったの4ヶ月程(趣味レベルを入れると5年程)ですが、何回壁にぶち当たってコテンパンにやられたでしょうか。その度に立ち上がって試行錯誤の繰り返し。地方競馬ナインやグリーンチャンネルを録画して何回もパドックやレースを見直す。馬券の買い方を見直す。実際、馬券を買う時の自分の気持ちを見直す。平日、地方競馬の馬を見て馬券を買っていると、中央競馬の馬がわからなくなる。(今現在の問題点)

    まだまだありますが、基本毎日毎日反省と試行錯誤ばかりです。

    パチプロって本当に簡単やったなーって思います。あまりにも簡単すぎたからみんなが勝ち方に気づき出してダメになったんでしょう。(最終的には自宅のある尼崎から京都市内、亀岡、堺、和泉方面までテリトリーを広げましたがダメでした)

    しかし競馬は本当に難しいです、本当に難しいから勝てる人が本当に少ない、勝てる人が少なければ少ないほど勝ち組の旨みが濃いと思います。

    僕は勝ち組の旨みをパチプロとして15年間味わった経験があります。

    あの旨みは味わった者だけにしかわからないと思います。

    競馬の濃厚さであの旨みを味わえたらどんな味がするんでしょうか。

    ワクワクします。

    おやすみなさい。

  2. 左馬之助 より:

    こんにちは、ご無沙汰してます。

    嫁と娘が鴨宮ファンさんのコメント読ませてもらって、ついコメント書いてしまいました。

    実は私も10年間ほどパチプロやってました。確かに競馬で常勝することに比べたら、パチプロ楽過ぎでした(笑)打てる店さえ押さえときゃ後は打てる台に12時間位座って作業するだけでしたから。

    競馬は私もまだまだ思い通りには行きませんが、ゆうぞうさんが書いているとおりに日々自分を進化させるよう必死こいてます。

    この前のお題のコメントのハクユウカンベエ、私もコーヒー吹き出しそうになりました。園田のおっちゃん達正気か、と(笑)毎日ああゆうレースあるといいですねー。

  3. ゆうぞうさんは神 より:

    初めまして!ゆうぞうさんに勝手に憧れてます!
    馬券生活目指して奮闘中です!

    ゆうぞうさんのブログを参考にしつつ独学で調教を予想に取り入れた所、2015年回収率78%から2016年回収率95%まで向上しました!

    ですが負けが込んでくるとついつい金額を吊り上げて買う予定のないレースを購入→玉砕の繰り返しです…。それがなければ100%は越えてるんですがどうしても余計なレースに手を出してしまいます
    質問なのですが、ゆうぞうさんは外れが続いた時はどうやって冷静さを保っているのでしょうか?若輩者ですがアドバイスをいただけたら幸いです。

  4. 馬券生活者ゆうぞう より:

    >嫁と娘が鴨宮ファンさん
    >左馬之助さん
    パチンコは出す台をちゃんと段取りしてくれる店さえあれば、
    あとはその出る台をいかに見つけていかに他人より先に取るかの勝負らしいっすね。
    知り合いでもある時期を境に勝てんようなった人多いですわ。
    競馬のええとこは賭け金を倍にすれば儲けも倍になるところやと思います。
    パチンコなら12時間かかる稼ぎが30分やったりね。

    >ゆうぞうさんは神さん
    憧れる気持ちわかります!なんつって!
    ギャンブルで負けが込めば誰でもアツくなります。
    脳内でなんちゃら物質が出てるのでこれは仕方がないねんけども、
    ゆうぞうさんは神さんの場合、その熱を冷ます方法を
    「当てる、勝つ」という1つの方法しか知らんちゅう事ですな。
    すでに昔もう書いてますわ。

    http://yuzo.1st-keiba.com/archives/635
    あとは騎手にも馬にも最初から期待をせん事ですわ。

  5. もりくん より:

    ゆうぞうさま、こんばんは

    必死に頑張る皆さんの熱い思いを聞いていると、
    私の気持ちも高ぶってきます。
    思わず、コメントしてしまいました。
    がんばれ、みんな、がんばれ、私もがんばる、
    自分を信じ、未来を切り開いていきましょう!!!
    私は受験競争や会社組織にウンザリしてドロップアウトした軟弱者ですが、
    今、現在は、あの平凡ハウスの中のドロドロした日常と決別できて、
    本当にラッキーだったと確信しています。
    私はたくましい狩猟民族になりたいと思います。
    明日も金色のウサギを採りに出かけるぞー!
    ちなみに明日は「有馬記念」です!おー!