ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

名古屋競馬場の砂が深すぎて誰もインを通らなくなってる件

こんにちは、馬券生活者ゆうぞうです。

今、名古屋競馬に異変が起きとる。8月の上旬か中旬くらいからやろか、名古屋競馬のレースで向正面側で各馬が妙に外へ外へ進路を取るケースが目立って来た。

もともとの名古屋競馬はこんな感じ、

Screenshot_from_2016-09-02 17:32:24

それがあんた今日のレースじゃこの有様でっせ!

Screenshot_from_2016-09-02 17:06:17

ラチ沿い…とはもはや呼ばれへんレベルの範囲でおそらく砂がズブズブの底なし沼みたいになっとんねん、インを通った馬は漏れ無く引きずり降ろされる。

地方競馬みたいに1周距離が小さい小回り競馬場は、インコースの砂を深くすれば逃げてラチ沿い通ってそのまんま…という展開一辺倒ではなく外に出すタイミングだったり、場合によっては内をすくったりとレースにバリエーションをもたらすので理に適っとる。

それに落馬事故が発生した場合にも内側に逃げられるバッファが存在した方が人馬の安全を確保できるのも言うまでもあらへんこっちゃ。

やが、それにも限度ちゅうもんがあるやろう。なんぼなんでもこんだけ空けて通らなあかんちゅうのは異常事態やと思うで。

ちなみにこの傾向が現れ始めてしばらくの8/17の結果なんか見ると、全12レース中逃げ馬が逃げ切ったのは、たったの1レースだけ。これは普段の名古屋競馬場ではちょっと簡単にはお目にかかれない現象なんや。

しかし、しばらくこの傾向が続いてから迎えた9/1になると、全12レース中8レースで逃げ馬が勝っとる。そう、騎手もみんな馬場のどのへん通ったらええかが分かって来てんねん。

こういう風にな、馬場の傾向も変わる、そしてそれに対応する事で騎手の動きも変わる。そこを臨機応変に察知して、それに合わせて予想や馬券も立ち回らんと馬券生活者は務まらん。

ボケーっと過去に上手く行った方法だけをロボットみたいに繰り返していても馬券は勝たれへんねん!頭を使わなあかんちゅう事でっせ!

みんな1つ2つ何か特殊なロジックがあったら勝ち続けられると思うてるやろ?甘い甘い、そんな奴いの一番にプロにカモられるだけやで、ホンマに必要なんは変化に順応できる能力やねん。

馬券だけで飯が食えるほど勝ち続けたいならうまめし.com 競馬必勝法を読む事やな!

フォローする

コメント

  1. アイザック より:

    なるほど、「今日はなんか内の嫌い方が佐賀競馬みたいだなー」と不思議に思っていた謎が解けました。プロは観察眼が鋭いですね!
    勉強の成果が少しは出たのか、今日の8Rは丸野のお蔭で細やかながら晩酌代を稼ぐことができました。Wナイターで自信の無いレースもやってしまったので、そこは課題と反省ですね。今後は勝ち負け抜きにまずは自信の無いレースに手を出さないように自分の手綱を握りしめていきますw

  2. 左馬之助 より:

    こんばんは。最初結果だけ見て名古屋にしては荒れるなぁ、と思ってレース映像観たら高知?って位開けていたので、何かあると思いました。そこで私なりに調べてみたところ、名古屋内開けて走るようになったのお盆開催位からですかね。お盆開催の直前の8/6に砂補充の記事が公式サイトにありましたので。

    また当初はゆうぞうさんの用意した画像ほど開けてなかったような気がします。最初は単純に外差しが決まっていて、しばらくすると3角先頭押し切り戦法、更に画像のように内をかなり開けるようになって逃げが決まるようになったと思います。

    気づいた時に大儲けとはいかないまでも、瞬間風速的に名古屋成績アップしました。今は情報社会ですから、本当にこういうのって寿命短いですよね。30年位前ならしばらく美味しい思いが出来たんでしょうけど、30年前なら現地行かないとこういう変化気づかないですからねー。

    • 馬券生活者ゆうぞう より:

      >左馬之助さん

      ネットの力で情報は光速で拡散されるようになりましたね。

  3. 嫁と娘が鴨宮ファン より:

    こんばんは。

    推測ですが、昨日のタガノトリオンフは出走馬の中で一番インを走ったのも敗因の一つなんでしょうか。

    変化に順応ですか、確かにそうですよね。

    日本の馬場状態は、
    良、やや重、重、不良の4種類ありますが、同じやや重一つとっても重に近いやや重と、次のレースでは良になりそうなやや重があります。

    ダートでは、馬場水分量が多いとパワー系の馬が苦労して、パサパサの良では普段ほぼ来ないスピード系の馬が逃げてそのまんまゴールしちゃうとか。(個人的見解)

    だからやや重の時の砂の飛び方にはめちゃくちゃ神経使います。

    走りそうな馬を選んで馬券を買う、外れる、なんでや?馬を見る目がまだまだか?(まだまだです)騎手?展開?馬場?他にもいろいろ外れた要因を考えます。

    とりあえず、馬場に限っていろいろ考えた結果、今現在では良に近いやや重以上でしか勝負してません。

    競馬場別に考えてもいろいろあります。

    函館のダートは砂が浅くて?良でもスピード系がバンバン好走してた(個人的見解)のでほぼスルーしてました。(札幌は少し深い?それとも馬の見る目が函館開催時より上達したのか?いや、でも砂の飛び方は札幌の方が軽かったと思います)

    地方では特に名古屋競馬場の砂は白いから?軽いから?名古屋競馬場のカメラが鮮明に砂を捉えるから?か、めちゃくちゃ飛んでるように見えます。(先行有利な理由の一つになるんかな?あんなもんまともに浴びたら走る気なくなる馬もおるかも)

    話ずれてもたー!

    とりあえず、どんな型でも勝ち続けてる奴が正解。

    ゆうぞうさん、正解。

    僕、まだ正解じゃない。

    それだけ。

    僕は僕にできない事をできてる人を素直に尊敬します。

    ゆうぞうさん、尊敬してます。

    これからも勝ち続けて下さい。

    僕は、ゆうぞうさんとは少し違う道で頂上を目指してますが、目指す頂上(到達点)は同じだと思います。(違ったらごめんなさい)

    ゆうぞうさんがパスする馬を僕が買って、僕がパスする馬をゆうぞうさんが買う。

    これなら取り合いにならなくていいですよね。

    あー、完全に調子に乗ってしまった!

    まだ完全に勝ててないのに!
    たまたまやのに!

    ごめんなさい。

    またブログ楽しみにしてます。

    • 馬券生活者ゆうぞう より:

      >嫁と娘が鴨宮ファンさん

      タガノトリオンフ、一因あるでしょうね!

  4. 馬券生活スタート より:

    管理人のみ閲覧できます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です