ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

園田競馬に座椅子のお座敷投票所が出来たで!キャッシュレスやで!

こんにちは、馬券生活者ゆうぞうです。

園田競馬場でなんやらスタンドとパドックの間の所が工事しとんなーと思ってたら、なんとあれはお座敷投票所を作っとったんですなー。

座椅子に座ってキャッシュレスで馬券が買えるという全国でも珍しいスタイルで、大井競馬の若者に受けそうなスタイリッシュさとは真逆を行く方向性や。

やが、園田競馬はそれでええと思うねん。実際ジジイばっかりやしな。すぐタバコ吸うしな。ほんで馬券すぐ床に捨てるやろ。それ考えたらええこと尽くめやんか。

ただ朝はジジイどもの座椅子争奪戦がすごい事になりそうやけどな。

当然このお座敷投票所はスタンドとパドックの中間にあるから、この投票所からは馬場を見る事がでけへん。やから園田競馬場内にあるDASH場外みたいな感じやねん。

わしの憶測にすぎへんけど、このあたりを充実させて来るのは、近い将来に来たる姫路競馬の開催復活に備えての布石なんちゃうかと思ってんねん。

以前の兵庫県競馬は園田競馬開催時は大阪から近い事もあって客が多く、売上も増えるが、姫路競馬開催時には客が減り、園田競馬場でも姫路の馬券が売ってるが客足は少ないというのが毎年毎年の事やったんや。

そこで園田競馬場内を快適な場外化すれば、姫路開催時にも園田競馬を場外馬券売り場として利用してみよか、という人が少しは増えるかも知れへんやろ。

そんな目論見があるのかと勝手に思ってんねん。

まあ馬券の売上だけ考えたら難波みたいに、ウインズ梅田で売らせてもらうのが一番インパクトありそうやけどな。どうせならウインズ京都でも売ったらええねん。

このお座敷投票所は「DASH-Pay」というシステムらしいんやが、タブレット端末みたいなもんなんかな?これはまた今度行った時に見てこようと思うけど、要はこのお座敷投票所を利用するにはこのDASH-Payの会員登録が必要やねんて。

わしにはなんぼ何でも年寄り臭くて利用はせんやろう。馬場が見れる場所ならまだしも、モニターだけなら快適さで自宅を上回る事は不可能やからなー。

どちらかというと、こういう座椅子に座ってのんびり馬券打ってる奴の金を、胴元を通して合法的に頂戴するというのがわしの使命やから、皆さんどんどん快適でボケーとしてや!

馬券だけで飯が食えるほど勝ち続けたいならうまめし.com 競馬必勝法を読む事やな!

フォローする

コメント

  1. 左馬之助 より:

    こんにちは。

    お座敷投票所ですかー。色んな事やってみるのはいい事ですね。ただこれ靴脱いであがるんですよね、もちろん。うーんだとしたら足クサおやじとか水虫ジジとかが…寝込むオヤジとかいないですかね。WINS浅草じゃないから大丈夫かな(笑)

    一度は行ってみたいです

  2. 原 悪馬 より:

    ゆうぞうさんは自宅でレース観戦する場合、何を利用していますか?

    地方競馬はNARホームページのライブ中継や、楽天競馬やオッズパークのネット投票内にあるライブ中継をパソコン等で見ていますか?

    テレビですと、スカパーで無料放送していたり、南関東は有料チャンネルがあったり、大井は後半レースをTOKYO MXで放送していますね。

    JRAはグリーンチャンネルですか?
    午後からのBS放送でしょうか?
    JRA-vanの動画でしょうか?

    馬券生活者ともなると、中間の調教VTRやパドックや返し馬、レースビデオでの回顧なども見られてると思い、気になって質問しています。

  3. じみんとー より:

    政府はギャンブル依存症対策として、インターネット経由での馬券などの購入制限や、パチンコの出玉規制の強化に取り組む方針を固めた。31日に関係閣僚会議を開き、夏ごろまでに具体的な対策案をまとめる。秋の臨時国会で必要な法改正に取り組む方針。

     競馬については、ネットによる購入制限を進める。現在、1回の投票(購入)あたりの購入上限額は100万円で、週末ごとに300回まで投票できる。ネット経由では現金を扱わないため依存症に陥りやすいと判断。1回あたりの金額や回数の引き下げを検討する。競輪や競艇など既存の公営ギャンブルでも同様の取り組みを進める。

  4. もりくん より:

    依存症対策について言わせてもらいます。

    人間が何で依存症に陥るのか少しでも考えた事あるんですか?
    ギャンブル依存やめたら即、真人間に変身するとでも言いたいのですか?

    あんたら、ええ加減、物考えよー!
    禁酒法みたいな真似をもう一回するつもりなんですか?

    物事の本質を考えたほうがいいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です