ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

高知競馬で勝つ方法

こんばんは、馬券生活者ゆうぞうです。

今日は世の馬券下手の民々に高知競馬で勝つ方法をお教えしたいと思う。心して聞くように。これを聞いてもまた負ける、そんな奴はーもう私は知らん!ほんっとうーに知らん!(カイジの利根川風に)

勝てば良い、勝つんだ、勝つために君たちはこのブログに来た!

さて、冗談はこれぐらいにして、わしの今日の狙いは高知競馬の5レース。ダートの1300mコースなんやけど、1400mと違って1300mは1コーナーまでの距離が短い分外枠の馬はよほどスタートからダッシュまでが良く無いと先手が取れへん。

にも関わらず世の馬券下手の民々は9番と11番と言う外枠の馬の馬券をこぞって購入しており、真に理解しがたい、どうして不利な馬のオッズを我先にとばかりに買い漁りオッズを下げ合うのか。

こんなんもうちょっと内の枠にレオキングダムがおるやないかい、スタートから2番手ぐらいにつければ馬券圏内は確実やろう。今現在の複勝オッズも1.2-やし、こらちょっと小銭を稼がせてもらいまっせー。

複勝に銭を仕込んで締切りを待つ。高知競馬名物オッズよさこい(締切り間際にオッズが乱高下する事、まるでよさこい踊りのように乱舞するため名づけられた:命名ゆうぞう)によりレオキングダムの複勝は1.0-1.5と変化。

うーむ、でもまぁ1番人気か2番人気のどっちかが飛べば配当がつくやろ。

ゲートが開いて各馬一斉にスタート!レオキングダムはスタートが地味で100点満点とは言えないが、ヤネ(乗ってる人の事)の宮川実が果敢に攻めて先頭を伺う。

負けじと6番永森のキンショータイシも前へと出るが1コーナーでのコーナーワークでハナを切る形となったレオキングダム、さぁ問題はテン(レースの序盤の事)で脚を使った分最後が持つかどうか、それだけやな。

3コーナーが過ぎ4コーナーを過ぎても誰も競りかけては来れない、余裕の手応えで悠々と直線に向く!が、しかし!そこで思わぬ事態が発生する!嘘やろ!!!

なんと人気を集めていたベーネとニシノマリーナが全く伸びず、代わりに単勝87倍の3番アキノサフランが別府舞衣を背に突っ込んで来た!ううううおおおお!こら複勝の配当ハネ上がるでぇぇぇぇぇ!まいーご絶対わしの事好きやろぉぉぉぉ!(注:書き手の勝手な憶測(妄想・願望・病気)に過ぎません)

結局先行した2頭にまいーごが突っ込んで来て3連単は6万馬券になる大波乱。わしの買った複勝も150円もついて当分食う飯には困らない。はぁぁありがたやありがたや。

な、だから言うたやろ?高知の1300mで外枠の馬買う時はそれなりの覚悟がいるねんて。高知競馬で勝つ方法その1は「1300mでは枠順をよう見ろ!」ちゅうことやね、そうは言うても外枠でも強い馬は勝ちよるからな、そのへんのさじ加減はよう考えて買うねんで!

ほな、今日も大幅プラスで閉店!まいど、おおきにー!

馬券だけで飯が食えるほど勝ち続けたいならうまめし.com 競馬必勝法を読む事やな!

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です