ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

笠松競馬場特徴

こんにちは、馬券生活者ゆうぞうです。

今回は笠松競馬場の特徴について解説していきたいと思う。笠松競馬場で馬券勝負するのなら、今からわしが述べる事を頭に入れておかないと大敗を喫するのは必定。

笠松競馬場の1番人気はアテにならん!

まず、笠松競馬場の単勝1番人気の勝率は50%ある。毎年プラスマイナス2%ぐらいで前後する事はあるが、ここ5年以上ずっとそのレヴェルで推移しとる。

実はあまり知られていない事やが、笠松競馬場で単勝オッズ1.9倍以下の圧倒的人気馬は実は勝率は55%しかなく、回収率はたった77%で本命党キラーの競馬場やと言える。

特に1.6倍から2.4倍あたりの1番人気馬は回収率が悪い。これは覚えといて損は無い。

考え方としては単勝1.3倍理論と同じやわな。

例えば昨日の笠松競馬全10レースの内、半分のレースで単勝1番人気は1倍台のオッズだったのにも関わらず、勝ったのはたったの2回だけ。

名古屋ほど逃げ有利では無いで!

同じ東海地区で人馬の交流が深い名古屋と笠松やが、笠松競馬場は実は名古屋競馬場ほど逃げが有利な競馬場では無いねん。どちらかと言うとマクリや差しも決まるねん。

まあそら強い馬がマイペースで逃げたら有利なんは事実やが、逃げがハイペースになれば笠松の方が名古屋より遥かに先行馬は潰れやすい。

ちなみに名古屋と笠松では同じ1400mを走ってもタイムが違う。詳しい事は名古屋競馬と笠松競馬のタイム差に書いてあるから参考にしてみたらええ。

笠松競馬の食い物

GO KEIBA!のWEBサイトで笠松競馬のB級グルメ情報が載っているが、開運カツバーガーは500円もする。しかし、岐阜市内のケンタッキーで和風チキンカツサンドが390円…

(上記画像はケンタッキーオフィシャルWEBより引用)

どこの競馬場行っても食いもんはちょっと高めの「競馬場価格」になってるのは常識やけどな。

笠松競馬でもっとも勝つ馬主

笠松競馬場でもっとも多く勝利している馬主をご存知やろか?実は法人馬主のホースケアという会社やねん。一部ではホースポアだなんて陰口を叩かれるのは馬を酷使する方針やからやろうけど、そのぶん勝ち星も多い。

やが基本的に「数撃ちゃ当たる方式」やから、ホースケアの馬の勝率は下から数えた方が早い有様で、勝率で3%ほどしかあらへん。

次いで勝ち星が多いのはファーストビジョンで、こちらも「数撃ちゃ当たる方式」ではあるねんけど、出走数がホースケアよりも少なく、勝率も倍近くある。つまり馬の質ではファーストビジョンの方が上で、さらにJPN技研が上と言ったところ。

これにもう1社ミドルアイランドという馬主で、4社が多数の馬を出走させてくれているから笠松競馬場のレースが成り立っているとも言えるわけやな、やが馬券的には極力この4社の所有馬を避け、個人馬主の馬で穴狙いするのが得策や。

名古屋馬と金沢馬 狙い目は…

笠松競馬場に遠征してくる名古屋馬は基本的に強い馬が多い。やが、全部の馬が強いわけではないねん。やから名古屋馬の単勝をを片っ端から買っても回収率は50%ほどしか無い。

金沢競馬場は冬場はレースが無いため、笠松競馬場に遠征してくる馬も少なくないんやが、実は金沢馬を片っ端から買った方が名古屋馬を買うよりは回収率はええねん。

やっぱりわざわざ冬場に輸送費かけて笠松まで連れて来るわけやから、箸にも棒にもかからん馬ばっかり連れて行ったって儲からへんもんな。

さあ、これだけ教えたったんやから、チミもこれで一人前の笠松馬券師や!胸を張って馬券を買いなはれ!

馬券だけで飯が食えるほど勝ち続けたいならうまめし.com 競馬必勝法を読む事やな!

フォローする

コメント

  1. すみごんた より:

    開運カツバーガーとケンタカツサンドの価格差へのこだわり、、馬券師はこうでなくちゃ?

    宝塚記念のキタサン単1.4の行方、恐ろしかったです。
    ゆうぞうさんの教えのおかげで、キタサン外しワイド6点で10倍以上3点取れました。がしかし、3複でキタサン固定で4点ケチり惜敗、加えてレース直前のアンカツの「ダイジョウブでしょう」の一声にキタサン単もポチっちゃって儲けの半分が消し飛ぶことに(泣)

    帝王賞の方はケイティクリノ固定3複も、大野くんが3着に来れずワイドのみ。でもたまのAIBAは楽しかったです!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です