ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

捲土重来の馬券術

こんにちは、馬券生活者ゆうぞうです。

まあ揃いも揃ってスプリンターズステークスで馬券を外したようなツラでブログを読んでいらっしゃるそこのチミ達!今日もゆうぞうさんが馬券術を教えてやるから良く聴くように。

わしのブログを熱心に読んでいないから、スプリンターズステークスごときが当てられずに泣く泣く最終レースの帳尻合わせをせなあかんようになるねん。わしも帳尻合わせが大変やったわ!

スプリンターズステークスはレッドファルクスか、それともビッグアーサーか、その2頭で迷った挙句大ハズレを喫してしもたわけや。まあオッズが高い方を選んだ時点で負けるのは覚悟の上。

そやけど、レッドファルクスの勝ちにケチをつけるつもりは無いねんけど、レッドファルクスが強いというよりは他が弱いだけのように感じられて、あまり感心する気持ちにはならんかった。

もちろん、それはわしの主観やから、賛否あるやろけどな。

実はその前に阪神競馬のメインレースであるポートアイランドステークスでも、何を買ったか言うのが恥ずかしいほどの大ハズレをかましており、馬券損失はじわりじわりと増えておったわけよ。

やから最終レースはわしもチミ達と同じような顔をしとったわけや。

やがJRAの最終レースはイマイチ狙い目が無い。そこで目を向けたのが高知競馬。あ、そういえばIPATがリニューアルされたが、ローディングが長いし、字が大きすぎてオッズ投票で出走馬が1画面で見られないという、やや不満の残るリニューアルに感じたな。

まあその内慣れるやろ。オッズパークがリニューアルした時は糞やと思ったが、今では旧サイトがどんなUIやったかすらもう覚えてへんわ。人間そうしたもんやで。

話を本題に戻すが、ここから捲土重来(けんどちょうらい=再び勢いを盛り返して巻き返すこと)を起こすには焦ってはあかん。はよ取り戻したいという気持ちが強いと焦ってロクでも無い馬券を買ってしまうわけや。

そこがプロと素人の違いやねんな。

ほんで、わしは高知競馬3Rでロクでもない馬券を買ってしまったわけや。平静でおったつもりが内心は焦ってたんやろな、勝ち続けるような男でもそういう心理状態になる事はあんねん。

わしは高知3Rで林騎手の馬券を買うか迷ったんや。複勝では配当が安すぎるから、買うなら単勝なんやが、この馬がホンマにええ馬なら林が乗るかねぇ…という気持ちもあった。

いつもの平常のわしなら嫌な予感を感じて引いてる場面やが、さっさとスプリンターズステークスの負けを取り返したくなってるわしは、その自らの予感に気付かぬ振りをした。

チミ達も身に覚えがあるやろう。不安点に気づいているにも関わらず、まあイケるんちゃうか?と安易に勝負に出てしまう事が。結局林の馬はスタートがややモッサリした感じで、それでもハナを切って先頭に出て、その分スタミナ切れを起こして最後は3着という単勝泣かせの負け方をした。

オイオイオイオイ…と思いつつ高知4Rのオッズを見てみると、なんとまたもや林の馬が単勝1番人気になっとるや無いかい!馬名はラブパンチ。…ん?ラブパンチ?覚えとるぞ、この馬は確かわしがこないだ大ハズレ食ろうた時の勝ち馬や!

馬券生活者の失敗より

しかし、悪い事というのは重なるもので、ここはじっと反撃のチャンスを待つのがセオリーなんやけど、ちょっとアツくなってしもてたんやろな、高知競馬の2Rに手を出した。

1番人気はその時点で単勝オッズ1.0倍で、2番人気もかなり堅実そうに見えた。やから1番人気と2番人気の枠連や馬連に分散して馬券を買ったわけや。

とーころがどっこい!

まず2番人気の隣枠の馬が落馬して、それを見た騎手が萎縮したのか、それとも単純に空馬が気になったか、位置取りも着順もクソアンドクソの大凡走!しかも1番人気の馬も名古屋から移籍初戦の馬に子供扱いされて最後失速して7馬身差で負ける始末!

この時勝った名古屋からの移籍初戦の馬こそがラブパンチなんや。ほんで、前走の勝ちが圧勝やった事もあって、今回も人気を集めてるわけや。

やが、林の単勝を買うた人残念やったな。今回はあんたらの負けや。柳の下にドジョウがおるのは1匹までと相場が決まっとるねん。

このレースにはJRAからの移籍初戦であるトウカイマインドが出走しとる。穴馬券を狙う方法で話したパターンとまるっきりと言って良いほど同じパターンや。な!言うたやろ、似たパターンの時は思い出してやって!

やからわしはトウカイマインドの単勝に銭をぶち込んだ!

当たればスプリンターズステークスやポートアイランドステークスの負けなど余裕で取り返してお釣りが来る。これもラブパンチを買ってくれた養分様のおかげやで!もっと言えばその対抗馬として赤岡の馬が売れていたのも大きい。

ガシャン!と金属音を響かせてゲートが開く!まず飛び出して行くのは真ん中から赤岡。次いで、その外目2番手を林がピタリとつける。わしの宮川は…おっとまさかの画面外後方!

あかーーーーん!

宮川はホームストレッチと1コーナーで、外を通ってスススのスーっと2番手まで押し上げる。普通ならこれは前半脚を使いすぎて後半バテるパターンやが、どうもその上がって行き方があまりに楽な手応えに見えてわしの期待も膨らむ。

先頭の馬にプレッシャーをかけつつ、迎えた4コーナーでは完全にハナに立ち、赤岡は下がって行くし、林も追い上げようとするが差は詰まらない。他に来れる馬はおらん!

いよーーーーしゃ!

わっしょーーーーい!

終わってみれば終始楽な手応えの4馬身圧勝劇。馬券が当たらんで困ってるチミ達には是非穴馬券を狙う方法を読んで勉強してもらいたい。

こうなって来ると深夜の凱旋門賞の馬券も買うたろかなと興味が湧いてくる。出馬表をチェックしてみると今年の日本馬はサトノダイヤモンドとサトノノブレス。ディープインパクトやオルフェーヴルでも勝てんかったレースやのに、この2頭では勝てんやろ。

TVによると調教師は戦前には一貫して泣きのコメント(弱気)をしていたが、実はそれは他陣営を油断させるための作戦で、実はそれなりに自信を持ってたみたいやな。

確かに勝負事は相手を油断させるのは良い手やし、過去に日本の競馬界は外国勢にこれをやられた経験もある。2013年中山グランドジャンプのブラックステアマウンテンやな。

やが、今回の日本馬では他陣営が油断しまくったとしても、さらに言えば大本命であるエネイブルを全力で潰しに行った結果、総崩れの共倒れになったとしても、その場面ですら勝てるかどうか微妙なラインやとわしは思うで。

それなのに、ああそれなのにIPATではサトノダイヤモンドが2番人気。海外のブックメーカーのオッズでは軒並み20倍以上の馬が、日本では2番人気。そら競馬勝ち方みたいな競馬必勝法が成り立つわけやな。

サトノダイヤモンドが59.5キロを背負って55キロのエネイブルを任せる絵が浮かばない。絵が無い、絵が無ぇ、絵ねぇ、えねぇぶr…いや、なんでもない。

そんなわけでわしはエネイブルの複勝に銭をしこたまブチ込んだ!

レースは昨年の上位独占陣営であるアイルランドのオブライエン調教師怒涛の5頭出しにも関わらず、包囲網をサッとひと交わしして、スススのスーっとエネイブルが馬群を裂き、後続を突き放してゴール。

パドックで見た時のエネイブルの馬体はホンマに美しかったなー。日本でJRAの馬を見れば美しいと感じるが、それ以上の美しさやった。さーて、一時はマイナスに追い込まれた今日の競馬も1日終わってみれば当然の大プラス。

今日はこれにて閉店!

馬券だけで飯が食えるほど勝ち続けたいならうまめし.com 競馬必勝法を読む事やな!

フォローする

コメント

  1. 昼行灯 より:

    ゆうぞうさん、お疲れ様です。

    今日の大井の最終レース、
    ゆうぞうさんなら御神本の単勝で行けたでしょうか?

    私はどうしてもビビってしまい、複勝がやっとでした。

    勝てたのに、なんだかとても悶々とした気分です。

    • 馬券生活者ゆうぞう より:

      複勝で3倍も付いたのなら大勝利でっせ!
      もし単買って御神本がハナ差2着とかになってたら、それこそ悔しくて寝れまへん。
      予想通り「3着以内」に来たのなら、OKでしょう。

  2. 昼行灯 より:

    ゆうぞうさん、確かにそうですよね。

    つい欲をかいて単勝か複勝かで考えてしまいます。

    もっと複勝できっちり稼げるようになったら単勝も考えていきます。

    もっと精進します! ありがとうございます。

  3. すみごんた より:

    お久しぶりです、ゆうぞう様。
    いつも記事(noteも)楽しみ且つ参考にさせていただいてます!お陰さまでスプリンターズSのドンキ岩田複勝、先日の京都大賞典・レイヤー武の単複、ガッツリ頂きました!

    noteチラ見しながら、、なんで久しぶりの武騎手乗り替わり?と開幕週京都…内よー延びてくるなあ、、に手が勝手に反応(直前までサウンズ横山が軸)汗)
    …季節外れのポカポカ陽気の函館競馬場の芝で寝っ転がってたからできたことかもしれません。

    去年に続いて岩田武の京都大賞典…凄いレースでした。岩田の馬がもう少し内枠だったら、買う人も多かったでしょうか。。

    スプリンターズS~凱旋門賞~平城京S~毎日王冠~大賞典と5連勝(嬉)。今夏函館競馬の高速馬場化、大荒れで受けたキズがようやく癒えてきましたよ、、、

    • 馬券生活者ゆうぞう より:

      がっつり的中おめでとうございやす!
      ポカポカ陽気の函館競馬場の芝で寝っ転がって競馬できるなんて
      競馬ファン羨望の眼差しでっせ!値千金ですな!

      もうすぐ極寒の冬ですが!(笑)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です