ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

複勝メインで勝つのはめっちゃ簡単

こんにちは、馬券生活者ゆうぞうです。

わしの馬券のメインは何と言っても複勝。先日も話したけど地方競馬の売上が低迷していてまとまった金を賭けるとオッズが一気に変動していた時期があって、そういう複勝勝負ができなかった頃は仕方なしに馬連や3連複なんかを買って苦労してたもんや。

連勝式馬券やとどうしても何レースかに1ぺん当たったらOKという買い方になってまいがちやから、手を出すレース数も増えやすいし、その分自信のないレースに手を出してしまう事につながりやすかった。

買い目を増やしすぎてもあかんし、かといって絞りすぎてもそれはそれであかん。複勝やったら1頭こいつや!ってのがおったらもう他に考える事あらへんもんな。

やが誰でも複勝を買えば勝てるかというとそれは違う。ご存知の通り複勝は高い的中率を得られる反面配当は安く、ミスが許されないというシビアな馬券やからや。

ほんでもわしぐらい馬券を極めると複勝が一番勝ちやすい。

ミスをせえへんからな。

配当が安い馬券というのは外れた時の損失をリカバリーするのが難しいから儲けづらいのであって、わしみたいに外れへんかったら儲かりっぱなしやねん。

今日の大井競馬6R

1番人気は9番のパーセプションで、この馬はJRAから移籍してきてポンポン!と2つ勝って、迎えた前走1番人気ながら6着と凡走したんやが、これで少なくない人数の人間がこの馬の底が見えたと勘違いした事やろう。

この馬はJRA時代には1800mを1分53秒台で走っており、これなら能力的に未勝利は脱せたはずなんやが色んな事情で出られる番組がなくなり格上挑戦して、さすがにそこでは通用せんかったために地方に活路を見出した馬やねん。

前走も着順こそ凡走と呼べるような着順やが、逃げ馬がブービーになるほどのペースの中でこの馬は最後の直線一杯にはなったがズルズル後退してはおらへんかった。

先行力がある事は南関デビュー2戦でわかっとるし、千八であの競馬ができるなら今回の千六ならもっとこの馬の良さが出るはずやねん。

やが、1つ気がかりなのはヤネ。

安藤洋一騎手はもう9年も騎手やっとるねんけど、現在リーディング39位と大船に乗ったつもりで託せるほどの成績ではないねんなー。

そこで複勝オッズを見てみると、下限オッズでも1.3倍となっており、この馬が1着になって2着3着が人気馬でガチガチと思えるレースでも無かったし、結局複勝に大金をぶっ込んだ。

出来ればスッとスタートを決めてハナを奪い、2走前3走前のような逃げ切り勝ちをして欲しいが、まあ何かに差されても複勝ならOKやろ。

ファンファーレが鳴ってゲートが開く!

安藤騎乗のパーセプション!出が若干遅れた!隣の馬に馬体をボッコボコぶつけられてなんとスタート直後はケツから4番手!!!

これにはわしも隣のおっさんに八つ当たり!

何をやっとんねん!と怒りを爆発させながらモニターを見ると、すでに1コーナーに差し掛かり、パーセプションは前から数えても後ろから数えても6番手、ちょうど馬群の真ん中のポジションまで押し上げてはおったが、序盤でこれ脚使ってへんか?

2コーナーと向正面では余計な事をせずにじっとして、3コーナー手前ぐらいからじょじょにスピードを上げて馬群の大外をぶん回して4番手ぐらいまで上がって来た!

これ直線向いたらピタッと止まるパターンちゃうんか?とも一瞬思ったが、馬の手応えを見ると意外と悪くない。これはもしかしたらもしかするで!

4コーナーでも4番手、前を行く3頭もなかなかの手応えで、そう簡単にはバテそうにない。そのまま直線に入っての追い比べ!

前3頭の順位は目まぐるしく入れ替わるが、パーセプションだけは4番手から変わらない!そうこうしている内に後続から脚を伸ばして来た馬もおるぞ!

残り100mを過ぎると逃げた真島の馬が一杯になって失速しはじめた!

安藤がこれを根性で差せば後ろはギリギリ届かへんやろう!安藤!安藤!あんどーーーう!

よーっしゃ!よっしゃ!当たったよっしゃー!

はい、たったこれだけの事でサラリーマンの1ヶ月のこづかいぐらいをサクッと稼いでしまったわけや、あーかんたんかんたん大儲けー♪

ほんで凡人はこういう的中の後にすーぐ調子乗ってまうわけや。

わしも競馬ファンの端くれ、その気持ちは重々わかる。けど勝負っちゅうもんは押す時と引く時と待つ時があんねん。わしは羽田盃の時間が来るまでじっと待つ。

この馬券を買いたい気持ちをぐっと堪えて待つわけや。

そして、溜めに溜めた馬券パワーを一気に放出する!

羽田盃のわしの本命は当然ヤマノファイト。理由も糞もなくてこの馬以外の馬が勝つスジがわしには全く見えへん。出来れば逃げずに2番手か3番手ぐらいで我慢して欲しい。

羽田盃の生ファンファーレ演奏が鳴り響き、各馬トラブルなくゲートにおさまり、一瞬の緊張感を挟んだ後にゲートが開き一斉に全馬が飛び出して行く!

ヤマノファイトもスタートは悪くない、やが我こそはと先頭切って行こうとする馬がおらず、かと言って無理に引っ張ってまで下げる馬でもなし、成り行きに任せたら何か逃げてまいそうな雰囲気やが…

ヤマノファイトが先頭ぉぉぉ!

この羽田盃は逃げ馬が全然勝たれへんレースやねん!お前こら本橋貴様何年馬の背中で羽田盃を見て来たんや!こんなもん途中で色気出した馬が競って来てペースアップして、4コーナーの頃にはもうアップアップなるやろが!

向正面中盤…何も起きない。

ふぅ、やれやれ。なんも来るなや!

3コーナー…何も起きない。

はぁぁぁ緊張するわ、なんも来るなや!

4コーナー…何も起きない。

あら?そうなん?意外とこのまますんなり勝っちゃったりしてー!

が!しかし!

4コーナー終わりごろ森騎乗のリコーワルサーが一気に加速して先頭に並びかけて来るぅぅ!しかもその後ろにも何か2頭来とる!直線粘れるんか!大丈夫か!?

残り200mまで2番手3番手の馬がヤマノファイトに追いつきそうな勢いは見せるものの実際には全く差は詰まって行かない!しかも5番手以降の馬はかなり離されてしまっていて複勝で現在先頭ならもうほぼ馬券の勝ちは確定やろ!

残り100mを過ぎて追って来ていたリコーワルサーも限界に達し、3番手の馬は失速して4番手の馬と入れ替わり、わしの本命ヤマノファイトは余裕たっぷりで王者のゴールイン!

いやー僕は本橋さんの素晴らしい判断を信じておりましたよ!

複勝がなんとヤマノファイトやのに140円ついた。え?ヤマノファイトですよ?皆さんホンマに馬券で勝つ気があるんでっか?

展開は思った通りにはならんかったが、ヤマノファイトの強さがわしの思った以上やったから全く問題なかったな。

な?こんな感じで複勝を極めればまず外れ馬券が存在しない。以前外れ馬券が経費になるかどうかで裁判なんかがあったわけやが、よう考えてみたら外れ馬券が無ければどっちゃでも関係あらへん話やんか!がーはっはっは!

毎日競馬だけして暮らす。最高でっせ−!

ちなみにわしはここで勉強して馬券上手になったで!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. なかむら より:

    こんにちは、いつもゆうぞうさんのブログを拝見して日々勉強させてもらってます。

    勝負は押す時と引く時と待つ時がある、というのをしっかり理解して実践出来ないとどんなに予想を磨いても勝ちが近付きませんね。最近ようやくそういったところが分かり始めて調子が上がってきました。

    自分が自信を持って勝負出来る馬券だけを買って高い勝率をキープ出来るとホント儲かりますよねー
    「あぁ、馬券って外れなければこんなに儲かるのか」と思うようになる日が来るとは思いませんでした笑
    これもゆうぞうさんのおかげです!

    ヤマノファイトは重賞二連勝の通り強かったですね
    京浜盃の感じからも前に行けば交わされないだろうと思って色気出して単勝にしたために、4コーナーあたりは後続の手応えに一瞬ビビりましたが笑
    複勝ならほぼ確実に当たるだろうと思ってただけにまだまだ自制心が足りないですかね

    いつもいつも参考になるブログをありがとうございます!
    これからもブログ楽しみにしてますね!

    • 馬券生活者ゆうぞう より:

      > これもゆうぞうさんのおかげです!

      おお!それは良かった!

      ヤマノファイトは単勝で良かったと思いますよ。
      複勝が自分のスタイルなので複勝を買いやすいだけです(笑)

  2. アイザック より:

    ヤマノファイトは本当に強かったですね。気が早いですが次の東京ダービー、あとは相手次第でJDDまで……南関東三冠、見てみたいです。

    自分はこの日は2Rで、人気の割にお買い得感のあったと思うハルネセジールに、単勝ワンコイン、複勝スリーコインだけ購入して人生初の単勝万馬券を経験させていただきました。ありがとう本田先生。
    ゆうぞうさんの言うとおり、ここで調子に乗りすぎないようにしながら、この結果を転換点にしたいものです。