ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

川田騎手 1着入線も油断騎乗で騎乗停止処分!

こんばんは、馬券生活者ゆうぞうです。

26日の3Rでマコトグロズヌイ騎乗の川田騎手が、残り100mで手綱を緩めて追うのをやめ、結果1着で入線はしたものの2着に最後半馬身差まで詰め寄られた。

これを裁決委員は注意を怠った緩慢なプレーと判断したわけや。

おいこら裁決委員、よう聞け「よくぞ言ってくれた!」川田は馬券でも頼りにしている騎手やから悪く言いたくは無いが、はっきり言ってレースの途中で追うのをやめるなんて事は馬券を買った人間の顔に糞を塗っているに等しい行為や。

なんで追うのやめるの。勝てそうやから追うのやめるんかい?ほんなら追えばなお勝てるやないかい、なんで決勝線(ゴール板)を過ぎてへんのに自ら勝率をちょびっと落とすような真似するねん。

それは競馬のルールからしてもおかしい行為やで。全馬勝ちを目指さなあかん決まりになってんねんから。勝ちたく無いんやったら簡単や、出走させへんかったらよろしいやん。

あのな、自動車の運転でも「子供が飛び出して来ないだろう」とか「きっと相手が止まってくれるだろう」という、だろう運転は事故の元でっせと教官に教わったはずやで、競馬も一緒や、何レース舐めてんねんって話や。

家に帰るまでが遠足!ゴール過ぎるまでが競馬!

勝っても負けても最後まで追わんかい、何ぃ?馬の負担を軽減して疲れを残さないために…はいぃぃぃぃ?何ですか?はいぃぃ?ほんなら我々競馬ファンの買うた馬券はその馬の次走も有効なんですかぁ?んんん?

そのレースを楽しむために競馬ファンは馬券買うてんねん、「次」とか知らんねん、そんなんどうでもええねん。G2は叩き台やから…知らんねん。どうでもええねんお宅の都合は。

競馬ファンは競馬関係者食わすための銭運び虫ちゃうねん、自分らが楽しんだり儲けたろう思たり、自分らのメリットのために動いてんねん。「じゃあ、競馬関係者が競馬関係者のメリットで動いてもいいじゃないか!」などとスネ夫のように口を尖らしとるそこのアンポンタン、よう聞け。

へたくそなレースやしょうもないレースを観客に見せると言う事は、定食屋で言うたら不味い飯を提供してんのと同じやねん。食材をケチり、調味料をケチり、一時的にはそれで利益が増えたように見えても、確実に客足は途絶える。

考えてもみんかい、この開設以来右肩上がりの大人気ゆうぞうブログかて、毎日ひたすら般若心経書いててみいや、誰も読みに来おへんちゅうねん。

初心者があのレースを見てみい、ほんで万が一着順が変わってみい、あれ?なんであの馬勝てそうだったのに途中でレースやめちゃったの?え?もしかして八百長?えー八百長ってホントにあるんだー、競馬ってなんか黒いねー、やっぱ私はロト6買ってる方がいいかもー。てなるやろがい!

それにやな、武みたいにペチペチ鞭入れて追ってる振りしてりゃええってもんちゃうねんで、見てみいや3600勝達成したレースの直線での追いっぷり。必死なって追ってるやん、それとあかん時のペチペチと落差が激しすぎるねん。

高低差ありすぎて耳キーンなるわ。←ごめん、これはただ言いたかっただけや。

必死にするんやったら常に必死、ペチペチやるんやったら常にペチペチ、G1で首の上げ下げの勝負になってもペチペチで行けやっちゅう話。

誰のおかげで手当てや賞金の金が捻出出来てんねんって話。もちろん自分の騎乗馬を確保するために馬主を大事にしたらええで、そんなん騎手かて生活かかってるし色んな事情あるやろ。そやけど客を舐めた態度とるなちゅうてんねん。

まぁ今回の川田の件は確かに1着入線もしとるし、厳しい判断かなって気もするし、わかるわ。そやけど仮に川田の単勝に300万ぶっこんでた奴がもしおったら、そら直線生きた心地せんかったと思うで。

半馬身差やから、正直ゴール前30mは2回くらい心臓止まってるやろな。

別に難しい事は要求してへんやろ、最後まで追ったらええだけや。鞭の使用回数制限とかのルールと比べたらなんらレース中に思考の妨げになるような話でも無いしな、ちゃんとゴールまで追えばええだけや、アホでも出来るやろ。

それに馬もたかだが16完歩を緩めたから言うて、疲労蓄積防止になんら効果があるとは思えんけどなぁ、高知競馬なんか毎回ガチで追って、連闘連闘でもピンピンしてるやん。

それで馬がかわいそうとか何とか思う奴はもう競艇や競輪行ったらええんちゃう?昔牧場の見学行った時に「競走馬は一生懸命走るのがお仕事やから、それをちゃんとするから馬もご飯を食べさせてもらえるんです、人間と一緒なんです」って牧場の兄ちゃんが教えてくれたわ。

ほんま、その通りやと思うで。人間が馬のお仕事の邪魔したらあかんわ。

ちなみにわしはここで勉強して馬券上手になったで!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする