ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

2強の馬連で勝つ方法 当てる方法

こんばんは、馬券生活者ゆうぞうです。

今日は馬連で勝つ方法、当てる方法を話したいと思う。わしの今日の勝負レースは京都競馬のきさらぎ賞、そう、2強対決と言われたトーセンスターダムとバンドワゴンのワンツーで決まったあのレースや。

2強のレースは馬連が買いやすい。なぜなら2強と言う事は3番手評価以下の馬はあまり活躍する可能性が無いと言う事やし、2頭が抜けているのだから、この2頭で馬単や単勝で順番を争う結果を予想するよりも、2頭が他の馬より前に出ればOKの馬連は心理的なハードルが低い。

まず最初にわしはバンドワゴンの複勝を買おうかと思った。わしがオッズを見た時は1.1倍が下限やったから、それでもええかなって思ってたんや。少頭数やし、前走の勝ち方も余裕すら感じる強い内容やった。今日のメンバーでもまさか3着を外すとは思われへん。

ただ、締め切りが近付いて来ると複勝オッズはバンドワゴンもトーセンスターダムも1.0倍が下限となり、この両頭が飛ぶ可能性は低いので複勝での配当は期待できない。

ならばと誰しも考えるのはワイドで、やはりワイドのオッズも1.1倍から1.2倍程度しかつかず、これだったらトーセンスターダムの複勝を買ってバンドワゴンが飛んで他の人気薄が突っ込んで来るのを待っていた方がマシである。

皆馬券が外れるのは嫌なので考える事は同じやねんなぁ。

バンドワゴンとトーセンスターダムでは甲乙つけがたいんやから、単勝は無理やし、(先日話したメビウスの方程式を使った2点賭けでも利益は出ない)複勝は配当が付かない、そしてワイドも配当が旨味が無い(レース結果を先に言うと、複勝は両馬とも110円でワイドも110円、リスクが増えただけで全くワイドは旨味が無い)となれば必然的に次に検討する馬券は枠連や馬連になるわけや。

その時点の馬連のオッズが確か1.5倍。

まぁはっきり言って今日はこの2頭の競馬になるやろうから、馬連を買ってもワイドを買っても当たる確率がそんなに大きく違うとは思えない。わしの馬券師の勘が馬連で大丈夫と言っておる。

最初は110円の複勝に大金をぶち込むつもりでおったんやが、馬連の150円の配当に賭ける事になったので賭け金は随分少なくて済む。さぁ、いってらっしゃいわしのかわいいお金ちゃん。仲間を引き連れて戻って来るねんで。

ええか、馬券。わしが見たら当たり馬券になれ、他の奴が見たらカエルになれ。

てな事を言っている内にレースがスタートした。あちゃー、バンドワゴンのスタート微妙やなー。まぁそれでも他の馬がこの2頭に先着するイメージは沸かないので大丈夫やと思うけどな。レース途中からハナ(先頭)を奪いにかかったバンドワゴンに対して、じっとマイペースを貫き通すトーセンスターダム。

最後の直線を向いて先頭はバンドワゴン!後続を突き放す!おいおいおい!トーセンスターダム届くんやろな?しかし!じわじわとトーセンスターダムがバンドワゴンに迫り、ゴール寸前で捉えきった。

はい、馬連1-5当たり。あー簡単やわー。こんな簡単なレースに金を賭けて、諭吉が仲間を連れてゾロゾロと戻って来るのだから競馬はやめられない。複勝で勝つ方法のところで言ったようにやはり馬連も2頭がペアになって後続を突き放すイメージが脳内でくっきり浮かんでくるようなレースの方が当たりやすい。

2強の時は2強の馬連では安いもんやから、皆安易に3連複とか買いよんねんなぁ、安く決まるレースを無理に小難しく考える必要無いねん、2頭で決まるレースやねんから。

そやけど、なんぼ2強や言うても1番人気と2番人気が結構能力差があるんちゃうかって時は何も考えずに馬連買うたらあかんで!なんでかと言うと1番人気が強すぎる場合は脚質によっては2番人気は競り潰されて、能力的には第三位以下の馬が突っ込んで来るケースがあるからやねん。

ここのさじ加減間違うたらあかんで!今日も大幅プラスで閉店!まいどありー!

馬券だけで飯が食えるほど勝ち続けたいならうまめし.com 競馬必勝法を読む事やな!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 勝王 より:

    お疲れ様です。

    いつも勉強になります。
    ありがとうございます。

    またブログ更新を楽しみにしています。

    今日は代替競馬で、後楽園ウィンズです。

    馬場状態や馬体重など様子見ながら、大丈夫そうなレースがあったら買ってみます。