ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

ジェンティルドンナ 敗因 京都記念 本命党ゆうぞう敗北か!?

こんにちは、馬券生活者ゆうぞうです。

今日は京都競馬場でG2京都記念が行われて、ダントツ1番人気は女傑ジェンティルドンナで単勝オッズは1.6倍、複勝オッズは1.1-1.1倍のド本命に推されておりました。

枠順が確定した時に出走メンバーをパーッと見た時には、こりゃジェンティルドンナで決まりやろ、楽勝するんちゃうかとわしも思っておりました。そやけど、なんか当日になって出走表を眺めていてもピンと来ない節がある。

磨き抜かれた勝負師になると、何か危険を察知すると何とも言えない嫌ぁな感じが込み上げる場合があるが、今回のジェンティルドンナも何か嫌な気がする。そうは言っても今日はJRAのレースでは他に自信を持てるレースもなく、他のレースに手を出すぐらいならジェンティルドンナの方が信頼出来そうな気がしとったんや。

とりあえず京都記念以外は買う気無かったから、午前中の時間を使って佐賀競馬と高知競馬で勝負レースを発見し、京都記念が終わったらそれに金を突っ込んでやろうと作戦を練ってたわけや。

ほんで、3時過ぎたんでボチボチJRAモードに入ろか、とTVの競馬中継をつけて見てたんやけど、馬券を買おうとしたその瞬間ぐらいに福永騎手のインタビューが流れててん。

内容は「ジェンティルドンナはスタートが良すぎる、ゲート練習でも上手かった。ほんで他の馬がおらんと行きたがってしまう」と言うような感じの事を言うたわけや。

普通にボケーっと聞いてたら「ほう、スタート上手いんか、そら結構結構」てなもんや、そやけど今回の出走メンバーはあまり積極的に逃げる馬がおらん、おそらくスローな流れになると思ってたんやけど、ジェンティルドンナならハナ(1番先頭)か番手(2番手)ぐらいでレースを進めるもんやと思い込んどった。

やから、このインタビュー聞いて何とも言えん不安感が込み上げて来て、ジワーッと変な汁がわしの身体から出てきよった。「他の馬がおらんと行きたがる?」それ、もしかして今回馬群に潜り込んで競馬するって事かいな?福永騎手ならあり得る。福永は上手い騎手や、それは間違い無い。

そやけどいわゆる「頼りになる騎手」では無い。いつも福永騎手が言ってるのは「馬は前哨戦で行かせてしまうと、次の本番で抑えが効かんようになる」と言う話。要するに目標の大レースを獲るためやったら前哨戦は負けてもしゃあないと言う考え方の騎手なんや。G2をムキになって獲りに来る玉では無い。

こら福永前行く気無いなぁ…、しかも馬群の中で競馬する気やなぁ…、福永騎手がジェンティルドンナ乗るの初めてやし、これハッキリ言って調教的なレースなんちゃうの?まぁそれはそれとしても3ヶ月ぶりの実戦やから、馬がボケてても不思議は無いのはどんな馬でも共通やけど…。

ちょっと今日の京都のレース結果振り返ってみよか…んんん…天候の影響もあってか馬場が荒れてるんか、京都やと言うのに芝のレースは外枠の馬めっちゃ来とるやないかい…こんな時に内枠の馬群内宣言してるような馬買うの怖いなぁ…。

それでもジェンティルドンナやで?負ける?負けるわけ無いやん。複勝の3着以内なんか、わしが乗っても余裕やろ。たったの12頭立てやで?

そやけどジェンティルドンナの複勝は1.1倍確定か…。佐賀と高知で見つけた勝負レースの方が間違いなく配当は上やろうし、自信度で言えばどちらかと言えば佐賀高知の方が上回ってるような気がしてきた。

焦らんでも明日も明後日も東京競馬は開催しとる。よし、ここは京都記念は見送って佐賀高知に賭けよう。佐賀高知や、佐賀高知で儲けたるんや!

通行人「え?ゆうぞうさん、佐村河内で儲けるんでっか?」

あほう!佐村河内ちゃう!佐賀高知や!佐村河内は耳が聞こえへん言うて他人の曲でCD出した人やないかい!あんな他力本願野郎と一緒にすんなや!あいつは他人に曲を作らせて、曲が当たったら(ヒットしたら)自分の手柄や言うて儲けたんや!わしは他人(騎手)と馬に走らせて、当たったらわしの手柄や言うて儲けてるねん!一緒にしてもろたら困ります!!!!

そうこう言ってる間に京都記念スタートや。

ゲートに入って他馬のゲート入りを待つ間、ジェンティルドンナがいつになく落ち着きが無い。首を激しく動かして、ゲート内で福永騎手が今にも落ちそうや!おいおいおい!今この瞬間ゲート開いたら落馬か出遅れは必至!こら買わんで良かったで!

が、しかし、さすがG1を勝つような馬は違う。ゲートが開くまでには態勢を立て直して、それでも出走メンバー中1・2を争うほどの好スタートに見えた。思った通り福永は前には行かない、あくまで他の馬に行かせて自分は控える競馬や。

そうは言っても3番手を進むジェンティルドンナを見て、あー3番手か、こら買っときゃ良かったな。なんや、もっと下げて競馬するんかと思ってたやん。内にも入れてへんし、なーんや、なんぼなんでもこの位置から3着にも入らんって事はないやろ。

…が、3コーナー終わりあたりでのジェンティルドンナの手応えが妙に怪しい。おやおや?こら2着か3着に負けるのはあり得るな、単勝買った連中の阿鼻驚嘆(あびきょうかん:非常な辛苦の中で号泣し、救いを求めるさま。)が聞こえるで、うへへへへへへ。

…が、最後の直線でジェンティルドンナの手応えが完全にスッカスカ(笑)こらあかん!完全に馬券圏外に吹っ飛ぶで!複勝買って、3コーナーの終わりで「ふふっ、複勝買っといて良かったわ、あのな、『勝つ馬の複勝を買う』これが馬券の極意だよ、チミィ…」と単勝ファンに説教をおっぱじめた複勝ファンの腰の抜ける音がポキポキスッコンと淀に響き渡っとるわ、うへへへへへへへ。

※パトロールビデオでレースを見なおしてみると、手応えも良くは無かったかもやが、他馬が前に出てそれを避けるのに外へ外へ進路を出すと前の馬も外へ外へ動いて全く進路が確保でけへんかったのも大きなロスになっとるね。そやけど前に出られてしまった時点であかんけどね。

がはははははは(笑)アホな連中や、あんなもん休み明けの馬に本気で銭突っ込むなんて馬券下手にもホドがある。わしのように危険を事前に察知できるスーパー馬券師にならんとあかんでチミ達。がはははははは(笑)

あー神様仏様、ありがとうございます。あー毎日正直に生きて来て本当に良かった。

…のはここまでで、実はこの後が大変な修羅場やった。

やはり神様はわしの普段のぐうたらぶりを見ぬいていらっしゃったようや、わしはついつい京都記念で浮いた金で「どうせジェンティルドンナ買ってたら消えてた金や京都と小倉の最終ちょっと遊んだろか」と京都と小倉の最終レースを買ったんやが、それがどっちもカスリもせえへんかった!!!!

わしの腰から音がした!ポキポキスッコン。

あー競馬って難しい。なんでこんなに競馬って難しいんやろ、佐賀と高知当たらんかったら3週間は寝込んでまうで、ホンマ。

わしの佐賀競馬の狙いは9レース立春特選。ここの1番人気ブラボーデジタルは絶対勝つと言う自信がある。あとはオッズが何倍つくのか?と言うだけの勝負なんや。わしが馬券を買う時には単勝は1.2倍になった。よしゃ、買おか。

わしは京都と小倉で失った額と同額の金を突っ込んだ。

締め切り後には1.1倍に戻ってしまったが、1.0倍と1.1倍ではこれは月とスッポンや、神様ありがとう!絶対当たる馬の配当を110円にしてくれてありがとう!

レース結果は、実に直線手応え良く伸びて損失1割回収完了。

さて、次が本番、高知競馬の重賞「だるま夕日賞」や、このレースはリワードレブロンとブレーヴキャンターが人気集中していて、それから少しだけ間を開けた感じでトーホウカイザーが3番人気やったんやけど、わしの本命は3番人気のトーホウカイザー。

まいーごこと別府真衣騎手が乗ってる馬や。別に女のケツを追いかけているわけではなく、この3頭の中ではホンマならこのトーホウカイザーが一番強いはずなんやけど、トーホウカイザーは川崎に遠征して大きく負けてるから、どうしても買いづらい「トーホクビジンが笠松で穴を開ける現象」になっとるわけや。

安全策なら複勝やが、おそらく上位3頭でガチガチやろうから単勝やないと配当がつかん。そやけどトーホウカイザーの単勝は現在6.2倍程度、うううう、これぐらいの配当1点勝負にぶち込むのは結構勇気がいるで。

結局わしが馬券を買うとオッズは5.1倍まで下がった。よしゃ、わし以外にぶっ込んだ奴はおらんようやな、頼む、頼むでまいーご。

スタートはややゆっくりめのトーホウカイザーやが、人気のリワードレブロンは先行争いで遅れよった!赤岡のブレーヴキャンターが2番手でハナ(先頭)を切ったのは4番人気のナムラハンター。

赤岡のブレーヴキャンターが3コーナーで先頭を奪い、それを追いかけて別府のトーホウカイザーも追い始めるがなかなか差が詰まらない!そうこうしてる間に後ろから永森のリワードレブロンも追い込んで来よったで!!!

おい!頼むぅぅぅぅぅぅぅ!

…の声が聞こえたか、赤岡のブレーブキャンターは直線では一杯になって、それを交わして別府のトーホウカイザーが先頭に立ち、さらにそこへ永森のリワードレブロンが急追して1馬身差!4分の3馬身差!半馬身差ぁぁっぁぁぁあぁあ!そこがゴール。

わっしょーーーーーい!

競馬ってホンマ簡単やわー。なんで競馬で負ける奴おんねんやろ、不思議やわー。当たる馬の馬券だけ買うてたらええだけやん、競馬ってホンマ簡単やわー。

さーて、今日も大幅プラスで閉店!まいどありー!

馬券だけで飯が食えるほど勝ち続けたいならうまめし.com 競馬必勝法を読む事やな!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする