ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

競馬は人気の無い馬が弱い馬とは限らない

こんにちは、馬券生活者ゆうぞうです。

いやーフェブラリーステークスで馬券を外してしまった皆様、わしはベルシャザールの複勝を当てましたが、コパノリッキーはさすがにノーマークやったね。そやけど、人気の無い馬が弱いとは限らへんと言う見本のようなレースやったと思うから、ちょっと解説してみたいと思う。

コパノリッキーは、前走・前々走こそ凡走してしまっているが、よーく見ると三走前には園田で、今回のフェブラリーSで3番人気であるベストウォーリアに1秒以上の差をつけてぶっちぎりで勝ってんねん。

しかも馬主はラブミーチャンのDr.コパやから、よく走るダート馬を見抜く目を持ってたりするかも知れへんね、まぁこれは単なる憶測やけどね。

結局何かしらの要因で休んで、その後レースに復帰するも振るわず、そやけど目標の大一番にはキッチリ仕上げて来たと言うところやろう。それに田辺も上手かった。ロスの無い競馬やったし、今後ダートを引っ張って行く馬になるかも知れへん。

まぁ、もちろん今回は誰にもマークされてへんかったと言う部分もあるやろうから、次からのレースで真価が問われるわけやが、4歳馬と言う若いチャンピオンの誕生は競馬ファンとして素直に喜びたいところや。

人間でも馬でも年寄りがいつまでもデカイ顔をしてるとロクな事がない。

それに、元々東京の千六は外枠が有利になりやすいねんけど、今回のフェブラリーSは例年にも増して外枠の馬が有利になるんちゃうかな?て思ってたら、案の定外枠以外何もいらないレースになりよったね。

馬券に絡んだ馬の中では一番下手くそな競馬をしたのがベルシャザールやね、何ですかあの競馬は、位置取りも先行馬が少なく差し馬が多いと言う三角形の隊列になってたんやけど、その中でも最も糞な位置取りにおったわけや。

こんなところおったらコーナーは大回りせなあかんわ、先行馬のやりたい放題になるに決まってるやないかい、デムーロの弟とは言えやっぱり初騎乗ではあかんね。何度か乗って初めて騎手と言うのはその馬に合った騎乗が出来るんやわ。

やっぱり外人の中でもペリエとムーアが別格過ぎる感じするな…とは言うものの、コパノリッキー以外の先行馬はほぼ全滅しとるからな、やっぱりこの位置取りで良かったんやろか。わしの本心としてはもうちょっと積極的に行っても勝てる馬やと信じてから、まぁ満足はでけへんけど納得せなあかんのやろうな。

ほんで、一夜明けて今日の東京競馬。

これは共同通信杯が簡単過ぎるレースで、これはもう銭を拾うようなレース。イスラボニータの複勝にナンボ突っ込めるかを競う客同士のチキンレースのようなもんや。わしはイスラボニータの複勝にがっつり突っ込んで、何の不安も感じる事なく数分で1割と言う暴利を荒稼ぎさせて頂いた。

がはははははは(笑)気持ちがええのう、この調子で大井競馬もイテこましたろ。

狙うは大井競馬メインレースのコスモワッチミーで、はっきり言ってダートグレード重賞でJRAの馬と競って上位入線できるような馬やで?このメンツで負けるわけあれへんがな、ぶっちぎりの大楽勝して当たり前のレースや。

しかし、そんな事は皆さんも承知の上で単勝オッズは1.3倍。単勝オッズ1.3倍以下は単勝で買ってはいけないと常日頃から口を酸っぱくして言っておるので、わしも今回は複勝を買う事にした。

複勝を買いはしたものの、オッズは1.0-1.1倍で、はっきり言って馬券購入を取り消せるものなら取り消したい気持ちになるオッズやが、そんな事は出来るはずもなくファンファーレが鳴り響く。

スタートも非常に軽やかに出て、ダッシュよく、わしが想定していた内枠を生かした先行策で、あとは直線馬群を縫って出てくるだけの簡単なお仕事で、吉原ほどの騎手ならなんら問題なくこなしてくれるレースや。

とーころがどっこい!直線を向いてもなかなか進路が確保出来ない!!!!

おいおいおい!何をやっとんねん!落ち着け!慌てるな、外回りコースでまだ直線は長い!わしの声が届いたのかなんとか進路を確保して抜けだして伸びるコスモワッチミー。しかし、先頭を行くコウザンフォルテにはかなりの差を付けられてしもた!仕掛けが遅れた代償はでかい!

それでも鋭い末脚で追い詰めるも勝敗はクビの上げ下げで2頭並んでゴール!

ふぅぅぅぅぅぅ…、これがあるから1.3倍の単勝やからって気軽には買われへん。いやー複勝にしといて良かったわ、まぁ配当がつかへん100円元返しやろうけど、単勝買うてて外れるぐらいやったらまだ元返しの方がマシや。

…と思いながらスローモーションを見るとハナ差先着していたコスモワッチミー。おお、差し届いたんかい、よう届いたもんや、相手が首を上げてくれてたんが救いやったな。

複勝の配当は思った通り100円元返し。悲しい。

こうなったら大井競馬最終レースにも手を出すで!狙いは森騎乗のソーミラキュラスや、こいつもわしが見た時の単勝オッズは1.2倍ぐらいで、単勝1.3倍未満の馬の単勝は買ってはいけないの法則により複勝を買う。

本当は複勝すら買わない方がええねんけどね。JRAみたくプラス10で10円余分に配当つけてくれへんしな地方競馬は。

しかし、メインレースと違って今度は1.0-1.2倍のオッズで確定し、2番人気の的場が飛べばこれは配当がつく可能性大や。ソーミラキュラスは向こう正面でスーーーーーッと先頭集団に取り付いて、外々を周るも抜群の手応えで直線は後続を一気に突き放す!

よーっしゃ!そのままや!あとは人気薄突っ込んでこんかいーっ!!!

そこに突っ込んで来たのは2番人気の的場文男ぉぉぉぉ!!!!ズコーーーーッ!的場が来たらあかんねーーーん!…の叫びも虚しく2連続100円元返し。

これやから地方競馬は嫌いやねん。

ま、イスラボニータで今日の儲けは出てるから、よしとしょうか。今日も大幅プラスで閉店!毎度ありー!

ちなみにわしはここで勉強して馬券上手になったで!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 勝王 より:

    こんばんは、勝王です。

    いつも勉強になります、ありがとうございますm(__)m

    ジェンティルドンナの敗戦といい、昨年まで活躍していた古馬達、やや下降気味なんでしょうかね?

    これから、ますます明け4歳馬の活躍が目立つのかもしれません。

    フェブラリーSの余韻の中、東京の最終レースを買おうと、普段はほとんどパドックは見ないのですが、久しぶりに競馬場に来たという事もあり、馬達を直接ガン見していました。

    1番タナトスの複勝とワイド流しと思っていたのですが、パドックを周回中のタナトスは気合い入り過ぎて、時々、後ろ両脚を空高く蹴り上げ暴れる姿もあり、やや不安だったので、賭け金を5分の1ほど下げて購入しました。

    発走となり、タナトスは、ゲート入りして扉が開いた途端、後ろ脚を後方に蹴り上げる仕草をして騎手を落下させ、競走中止となりました(*_*)

    悪い予感はしてたのですが…、ゆうぞうさんは私なんかより、何十倍も賭けてると思いますが、ゆうぞうさん御自身が買おうと思ってる馬のパドックや返し馬を見ますか?

    その内容や状態次第では、賭け金を下げたり、賭けなかったりしますか?

    また、馬体重の大幅な増減により、やはり賭け金を下げたり、賭けなかったりしますか?

    • 馬券生活者ゆうぞう より:

      勝王さん、こんにちは。
      タナトスは完全に前につんのめってしまってましたね。

      パドックや返し馬は本当は見たいのですが、
      見れない場合も多いですね。

      見て、納得がいかない時は賭けなかったり
      金額を下げたりもしますよー。

      • 勝王 より:

        なるほど、参考になりました(^O^)/

        馬券生活するにあたって、1日や1週間単位、若しくは1ヶ月の利益目標額や年間の目標額とか、決めてるのでしょうか?

        これからも、馬券や投資金マネージメントなど、いろいろと聞いてみたいのですが、差し支えない範囲内で教えていただければと思いますm(__)m