ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

園田競馬 展開予想方法

こんばんは、馬券生活者ゆうぞうです。

今日は園田競馬の展開予想の方法について書こうと思う。園田競馬は主に1400mで行われるから、展開の予想も楽やねんな、あとは1230mと1700mがチラホラある程度で、それ以外の距離設定はあまり無い。

それに南関東みたいに4場プラスアルファの騎手や馬が出走して来ない分、馬の能力も騎手の能力も、騎手同士が把握してるから、一か八かヤケクソの作戦に出る奴が少ない。

そやから理詰めで考えて行けば馬券が獲れるんや。

例えば、わしは昨日園田競馬の最終レース(1700m)の馬券を買うたんやが、このレースも簡単なレースやったで。まず、1番人気は7枠9番のスペシャルリッチで、単勝オッズは1.7倍と結構被ってる感じやった。

その後に、7枠10番カネトシアルガルベや、1枠1番トウケイゴールド・2枠2番マンハッタンケイなどが続く感じ。オッズだけを見ると田中騎手騎乗の1番人気スペシャルリッチが頭1つ抜けてるような印象を受けるが、上位人気4頭はいずれもJRAから移籍した馬なんやけど、JRA時代の時計(走破タイム)を見比べてみると、別に4頭とも大差は無い感じやねん。

ほんで、園田での全馬の位置取りなんかを見ると、先行力のある馬が少ない。かと言って強烈な末脚を持ってる馬も少ない。要するに前に出たもんが有利になるレースやと言う事や。

そうは言っても先行出来そうな馬がトウケイゴールド・スペシャルリッチ・カネトシアルガルベと人気どころに集中しとるから、ここが展開の推理をちょっと難しくさせるポイントや。

ホンマなら最内枠のトウケイゴールドは逃げやすいポジションではあるが、この馬はスタートにムラがあってアテにならん。もしトウケイゴールドがスタートを決めて逃げれば最初のコーナー通過順は1-9-10が濃厚やな。

トウケイゴールドがスタートで遅れるようなら最初のコーナーの通過順は9-10-が濃厚になる。いずれにしても、このレースの鍵を握るのは木村のカネトシアルガルベになるわけや。

なんで逃げへんカネトシアルガルベがレースの鍵を握るかと言うと、木村が早く仕掛けたり先行争いでしつこく絡めば先行馬は揃って潰れてしまうし、木村が仕掛けを遅らせれば前2頭はそれだけ楽が出来る。トウケイゴールドが逃げようが逃げまいが、田中としては木村が上がって来るのに合わせて仕掛けるわけや。

マンハッタンケイ・ジャックスワロー・ボスコエフィーメ・スイングタキオンあたりが中団から上がって行くと思うねんけど、スペシャルリッチとカネトシアルガルペは同じぐらいの末脚を持っとるから、後続がこの2頭を差し切るのは至難の業や。

トウケイゴールドが逃げていれば木村か田中のどちらかに潰されるやろう。そういう流れになるとトウケイゴールドの粘り具合によって予想は難しくなるし、トウケイゴールドがスタートを決められなかったり、意図的に控えた場合は木村と田中のワンツーが濃厚になる。

他の競馬場やと上記3頭の競り合いで共倒れも視野に入れる必要があるが、1700mはスタートしてから最初のコーナーまでの距離が短いし、上記でも言ったように各馬・各騎手の能力はみんなわかっとるからな、その可能性が低い事は園田のプロであるわしはお見通しである。

結局わしの買うた馬券は木村のカネトシアルガルベの複勝や。レースで少し有利なんは田中のスペシャルリッチなんやけど、田中は時々スタート遅れるからここは木村にしておく方が無難やと判断したわけよ。

さて、ゲートが開いて各馬一斉にスタート!ほれ見てみい!1番のトウケイゴールドがスタートで遅れよったがな!な、理詰めで獲れるやろ、園田は。

これで1番のトウケイゴールドはもう馬券対象にはならんやろう、さようならトウケイゴールドを買った馬券下手の皆様、また明日のご来場お待ちしております。…とアナウンスのお姉さんが言ったかどうかは知らんけど、最初のコーナー通過順は9-10-2となった。

コーナーに入ってまで先行争いを長引かせようとする奴が、今日の出走メンバーでおるはずがなく、あっさりと流れは落ち着いた。あとは木村の仕掛けるタイミングで「前2頭両方が馬券に絡む」のか「前2頭のどちらかが潰れて、差し馬が割って入る」のかだけのレースや。

2周目の向正面で早くも前2頭の木村と田中の手が動きはじめ、後続も仕掛けては来るがなかなか前2頭との差を詰められない。そうやろう、そうやろう、3コーナー通過してもやはり田中のスペシャルリッチが先頭で2番手に木村のカネトシアルガルベ、その外を川原のボスコエフィーメがスッと上がって来た!

コーナーで大きく膨らんで真後ろと左後方にいるトウケイゴールドとボスコエフィーメをブロックする木村!しかし!その膨らんだ間を2番のマンハッタンケイが伸びて来た!

先頭を行くスペシャルリッチのすぐ後ろで、今度はカネトシアルガルベとマンハッタンケイが馬体を接しての追い比べで2着争いを繰り広げるも、道中脚を溜めたマンハッタンケイがわずかに有利で3/4馬身だけ先着。

結局入線順は9-2-10となった。

木村が4コーナーで外の馬では無く内に控えていたマンハッタンケイの進路をブロックしていれば、恐らく入線順位は9-10-2に出来てたやろうな。競馬ちゅうもんはこれだけレース中のわずかな判断の違いが着順を変えてしまうもんなんや。

そやから3連単などと言う馬券を買う奴は正気の沙汰とは思えん。

いずれにしても、わしの言った通り木村がレースの鍵を握っていたのは確かやし、今日のメンバーなら先行力のあるスペシャルリッチがスタートさえ決まってしまえば一番有利やったのも確かやった。

まぁ園田競馬場の展開予想はこんな感じでやって行くねん。え?難しそうやて?初心者には簡単には出来へんのちゃうかって?当たり前じゃ!わしを誰やと思うてんねん!泣く子も黙る園田のコブラ言うたらわしの事や!わしゃ園田の事なら何でも知ってんねん!マークカードかて目ぇつぶってでも塗れるわい!

がはははははは(笑)

「馬券なんて運やろ」とか言うてる間抜けを時々見かけるが、まぁもちろん運の部分もあるねんけど…ん、待てよ…いやいや、そうやね、馬券は運やね、そうそう。だからチミ達は一生頭を使わず運だけに頼って馬券を買っていてチョンマゲ。ぐはははははは(笑)

結局人気馬での決着となったので、木村の複勝は120円しかつかず、少々物足りなさを感じるレースとなったが、それでも最終レースやし、これ以上どうしようも無いので閉店!

こちらの記事も園田競馬で勝つために参考になりまっせー!

馬券だけで飯が食えるほど勝ち続けたいならうまめし.com 競馬必勝法を読む事やな!

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です