ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

大井競馬 収支プラス法

こんにちは、馬券生活者ゆうぞうです。

今回の記事は大井競馬で馬券収支をプラスにする方法について話そうと思う。トゥインクルナイターに会社帰りに参戦する人もおるやろうから、これを読んでしっかり馬券を当てるように!

さて、大井競馬で儲かる方法についてやが、大井競馬は地方競馬の中では最も単勝1番人気の信頼度が低い。こちらに全地方競馬場別・単勝1番人気の勝率一覧表があるから、それを見れば一目瞭然やな。

単勝1番人気の勝率が50%を超える金沢競馬や名古屋競馬と違って、大井競馬では単勝1番人気がたったの35%しか勝たへんわけや。

まぁ浦和や川崎も36%やの37%やのの数値やから、南関東競馬自体がそれほど1番人気の勝率が高くは無いねんけど、他の地方競馬場と比べてやっぱり大井競馬の1番人気はアテにしづらい。

単勝オッズが1倍台の馬であっても、あっさり着外に消えるなんて事は珍しくない。名古屋や金沢ならなんとか3着以内に粘る事が多い…と言うか、後続の馬もすでに脚が上がっていて差すに差されへんのやが、大井競馬は出走頭数が多いからか、1番人気と言えども直線で伸び倦ねると、すぐに後続で脚を溜めとった馬が一気の脚で差し切ってまうねんな。

やから、大井競馬で儲かる買い方は「1番人気を蹴りましょう」と言う事になる。

まぁ、どんな競馬場でも1番人気を蹴ると言うのは「良い配当」にありつくための常套手段ではあるねんけど、1番人気の勝率が50%を超えるような競馬場では、2レースに1レースは確実に1番人気が勝つねんから、ちょっと穴党としてはやってられへんところがあるんちゃうかな。

地方競馬行ってると「また本命かい」「また本命や」と言う会話をよく聴く。

普通に考えると1番人気のよう勝つ競馬場で1番人気が飛べば高配当が出てくるんちゃうかと思うかも知れへんけど、実は意外とそうでは無くて、1番人気が負けても3着以内に粘る事が多いし、1番人気が4着以下に負けても上位が2番人気・3番人気・4番人気なんてケースは頻繁にあるねん。

やから大井競馬で馬券収支をプラスにするぐらい儲けたろと思ったら、馬鹿正直に1番人気を買い続けるのではなく「いかにコケそうに無いのにコケる1番人気を見抜くか」と言う事が一番重要では無いかとわしは思っとるわけや。

そこで、わしが常々言うとる「単勝1.3倍以下の馬の単勝を買ってはいけない法則」が役立つ場合がある。大井競馬に限らず、人間と言うのは欲にまみれた生き物であり、簡単に金が儲かりそうやと感じたらさらにそのスイッチが一段上がるわけや。

この馬絶対勝つに決まってるやん!と感じてしまったら、賭けられるだけの銭をかき集めて賭けてしまう奴が世の中にはゴロゴロおるねんな、そやから単勝オッズと言うのはある程度の一線を越えるとオッズの低下が加速する。

つまり、通常なら1.6倍ぐらいが頃(頃=ちょうど良いの意)の馬でも、絶対勝つに決まってるやんと思う奴がいれば、そこに大金が積まれる。するとオッズが下がる、すると、ほら見た事か他の奴も固いと思ってるやんけと別の奴がもっと儲けたろと思ってさらに大金を積む。

そしたらさらにオッズが下がって、それを見た奴がこりゃよっぽど固いに違いない、このオッズでは儲けるには大金を積まなしゃあないとさらに大金を積む。

そやから単勝1.3倍以下の馬の単勝は、かなり特殊なケースを除いてはわしは極力買わんようにしてるねん。馬券を買うた奴全員を監視してるわけじゃないから断言はでけへんが、本来あるべきオッズよりさらに低いオッズになってしまってるような気がするねんな。

ほんで、もう1個のコツはあまり近走の成績を鵜のみにせんことやな。

いくら本命1番人気を上手に蹴っ飛ばしたとしても、自分の買った馬も一緒に着外に消えていたんでは馬券収支をプラスにする事は叶わない。

大井競馬では展開がハマっただけでびっくりするような馬が馬券に絡む事が多いので、1番人気が先行馬やったりしたら多くの馬が1番人気を目がけて競りかけてハイペースになったりして、後ろで脚溜めてただけの近5走全部着外みたいな馬が最後の最後で突っ込んで来たりしよるねん。

逆に1番人気が後ろから行く馬の場合は、差し馬連中が1番人気の動くのを待って仕掛けが遅れて、結局先行した馬が粘ってもうた…なんて事もある。

頭の中で「1番人気消えるとしたら、どんなシナリオがあるかな」ちゅうのをイメージ出来てて、なおかつ「その場合意外な活躍を見せるのはどいつや?」と言うところまでイメージ出来ていれば、もう大井競馬でプラス収支にするのは半分達成できたようなもんやで。

ほな、お気張りやす。

以下後日追記↓

2014年7月30日の大井競馬最終レースのペッパーツリー賞が参考になるので話をしたいと思う。このレースはダートの1400mで、1番人気のマルカンパンサーは6枠からの発走で前走は先行してぶっちぎりで勝ったものの、頭数も増えたここは前走の再現が出来るかどうかは怪しいところでもある。

こういう場合、1番人気が飛ぶとしたら内目の枠で上手く立ち回った馬が上位を占めてしまった場合とか、マルカンパンサーが先行し損ねて上手く先行出来た馬が粘るようなケースが想像できるわな。

結果的にはマルカンパンサーは先行も出来ず、ポジションも外の後ろ、そしてコーナーも常に外々を通って、それでも僅差の4着なので強い馬ではあるが、内々を通ってロスが無かった馬と、最後方からぶっ飛んで来た馬で決着。

3着に来たトリガーなんて7着・12着・12着・8着である。それで今回複勝でも4240円の配当がついた。16番人気の馬なんか買えるか!と思うかも知れへんが、はっきり言って前走の走破タイムは他の馬のタイムと比べても大差無いし、ここで馬券に絡んでも全く不思議は無い。

このように、高い評価(人気)を集めているが、それほどでも無かったり不利な状況だったりする馬を蹴って、評価は低いものの馬券圏内に来ても不思議が無いような馬を買っていれば、自然と馬券収支はプラスになると言う寸法やね。

ちなみにわしはここで勉強して馬券上手になったで!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. teckeiba より:

    最近、競馬ソフト「TARGET」を使い始めました。
    冷静にレースの展開などを考え即PATを利用していますが…
    いざとなると中々、冷静には出来ません。(笑)
    単勝、馬連、3連単、3連複と色々経験致しました結果
    未勝利レースを中心に、複勝で勝負しようと思っています。
    アドバイスをお願い致します。