ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

夏競馬攻略の方法

こんにちは、馬券生活者ゆうぞうです。

いやー暑いでんな、一歩も外に出てないから知りまへんけど。まぁ窓の外を往く人々が暑そうにしてるんできっと暑いんでしょうな、プロ馬券師はエアコンの効いた部屋で一日中パソコンの画面とにらめっこでっせ、厳しい仕事やわ。

さ、夏競馬攻略の方法について今日は話をしようかと思ってんねん。

不思議な事にやな、わしは夏競馬ホンマに苦手やってんけどな、どういう訳か今年は随分夏競馬が得意になってしもて、もう儲かって儲かって笑いが止まれへんねん。

こら、わしが夏競馬を攻略しきったと言っても過言では無いんとちゃうやろか。夏競馬については以前にも記事を書いた事があるので、夏競馬で勝つ方法も合わせて読んでみて欲しい。

ほんで、上記のページには書かれていない事を中心に今から話していきたいと思う。

わしは実は大昔は南関東の中で浦和競馬が一番苦手やってんけど、年月が経つに連れて南関東の中で浦和競馬が一番得意になったと言う経験がある。今回の夏競馬攻略完全マスターについても同じような感覚がわしの中にあるねん。

以前は夏競馬とは暑さに耐え、ただひたすらに秋の訪れを待つだけの実にしょうもないつまらない期間やったんやが、今年からはまさに競馬界からの夏のボーナスと言えよう。

チミ達も夏のボーナスを大人しくJAに貯金してる場合ちゃうで、一旦全額を1.1倍の複勝にぶち込んで、1割増やし、元本を奥さんに渡して増えた1割分はポケットに入れときなはれや、男たるもの、それぐらいの冒険心は無いとあかんで。

2倍?あかんあかん、それは欲張り過ぎや。

さて、ではわしが如何にして夏競馬が得意になったかを語って行こうと思うが、これが実に単純な事なんや。JRAの場合全てのレースのおよそ半分が「未勝利戦」なわけやが、一言で未勝利戦と言うても性質が時期によって全く違うねん。

詳しい事は競馬の未勝利戦で出馬表だけを使って儲ける裏技を読めば書いてあるんやけど、まぁこの夏競馬の期間と言うのは基本的に、

  • 2歳新馬
  • 2歳未勝利
  • 3歳未勝利

の3つが行われる時期やねんな。

ほんで、こん中で一番訳がわからんのが「2歳新馬」…ではなく「2歳未勝利」やねん。大抵の人は「新馬なんて1回も走ってへんのにわかるかい」と言うけれど、わしに言わせれば何を言うてんねん、このスットコドッコイちゅう話やで。

パドック見てみいや、どう見てもペッカペカの輝いてる馬と、ボッソボソのみすぼらしい鹿みたいな馬が一緒のレースを走るんやと周回しとるやないかい、馬と鹿が一緒に走るねんから、んなもん馬鹿でもわかるわい。簡単すぎて屁ぇ出るわ。

そもそもやな「2歳未勝利」になるとキャリアが1戦とか2戦とかで、叩かれた上積みがある奴と無い奴なんて簡単に見分けがつかんし、前走差しの競馬しとった馬でも「差しでは良さが出えへんかったな、ちょっと行きたがる素振り見せるし逃げてみよか」とか考える時もある「手探りお試し期間」やからな、こんなもん何を基準に予想せえちゅうねんて話や。

まぁ、要するにやな、そういう訳がわからんレースは買わんようになったと言うだけの話なんやけど、これが効果テキメンやねん。過去のわしは金欲しさにどうにか買えそうなレースは拾って行こうと貪欲さを見せて失敗しててんけど、今はそういう汚れた気持ちを捨てて、お馬さん暑いのに大変ね、がんばってね!と言う純粋な気持ちで見るだけや。

つまり「わしが当てれそうなレースや無いと、馬券買わへんぞJRA!!!!」ちゅうわけやね。

降級馬についても、JRAでは6月に降級が行われて、上のクラスから下がって来た馬を見ると、これは上のクラスにいたんやから、今回クラスが下がったら勝てるんちゃうかと考える奴は仰山おるやろ?ちゃうちゃう、ちゃいまっせ。

馬柱のローテーションをよう見なはれや、降級させたいがために何ヶ月も放ったらかしにされとったら、アスリートとしての体なんて出来上がってまへんで。そもそも放ったらかしで降級させると言う事自体が「もう、ワテ上のクラスでは一杯一杯でんねん」と宣言しとるようなもんやないかい。

ほんだら調教師や馬主にしてみたら、いきなり目一杯で1着取るんやのうて、掲示板に載れるぐらいのところでボツボツ走らせて着賞金拾った方が儲かるなってなもんや。

ただ単に降級したからと言う理由だけで買っても儲からへんねん。夏競馬については夏競馬の特徴攻略と傾向 予想が難しい時期の対策に詳しくまとまってるから読んでみたらええ。

夏競馬と言うのはやはり体調の維持が各馬の課題になる。サラブレッドは暑さに弱いからな。やから体調の良い馬を買っていれば良いだけの話なんや。体調の良し悪しと言うのは結構競走のパフォーマンスに与えるインパクトは強くて、素質の優劣をひっくり返すケースは多々ある。

大体の競馬ファンと言うのは夏の間G1が無いもんやから「夏競馬面白くないねー」てな事を言うて秋の訪れをひたすら待ってんねん。やから、その人らとおんなじ事してても差がつかんから、他人とは違う事をして、秋にはそういう人から馬券で金を巻き上げんとあかんわけよ。

受験勉強でも夏休みにしっかり勉強した奴が有利やろ、それと一緒やで。そやからわしが常々言うとるように、他人が海水浴や花火や祭りに言って遊び呆けてる間に、うまめし.comの競馬必勝法を読んで、しっかり秋に備えなさいよと言う事やねんな。

あ、そうそう今回は地方競馬についてあんまり触れられへんかったから、次の機会には地方競馬の夏競馬についても書いてみようと思うわ。

以下後日追記

台風の近づいた本日2014年8月9日の小倉競馬は天候による開催中止が心配されたが、現在のところ予定通りレースが行われておる。

ほんで、朝一の1レースが未勝利戦で九州産馬限定のレース。

馬産地と言えば北海道が有名やし、数も圧倒的に北海道出身の馬が多いねんけど、九州でも馬産は行われていて、その灯火を守るために小倉競馬では九州産馬限定レースはしばしば行われる。

当然やけど九州産馬しか出走でけへんから、出走馬のレベルが上と下では偉い離れてる事が多い。要するに九州産馬限定レース待ってました!ちゅうようなここでしかチャンス無いやろって馬も含まれているって言う事やねん。

まぁ競馬ファンもそのへんは心得ておるんか、1番人気は前走2着のグランデコマンドで、単勝オッズが1.2倍と圧倒的な支持を集めておった。

わしも今日はこいつをオッズ次第で単勝狙ったろかなと思っていたが、起きたのが昼やったから、すでにレースは終わっていて、あーしもたなぁと思いながらJRAのオフィシャルWebで結果を確認したところ…

なんとガッチガチの1.2倍が2着に負けて、前走8着のヒマラヤテンカが逃げきりで勝っとるやないかい!

まぁまぁまぁ、ヒマラヤテンカも2番人気やから、そら勝っても不思議は無いねんけど、前走の両馬の時計を見比べると、さすがにこの結末は意外やった。

1戦使って2戦目がガラリと変わる。これが夏競馬の2歳未勝利の怖いところやねん。きっちり多方面から情報収集していけば、今回の結果も予想できたかも知れへけど、パッと馬柱見ただけじゃヒマラヤテンカが勝つと断言するのは勇気がいるわな。

2番人気が1着で1番人気が2着やから、そら馬連とか買ってる人にしてみたら1着2着の順番なんかどうでもええかも知れへん、普通に安く決まったレースに見えるかも知れへん。

そやけど、この2頭の組み合わせの馬連が「4番人気」てなんかおかしいと思わへん?複勝も売れてへんしな。

こういう訳分からんレース手ぇ出さんのが一番正解やろ。

馬券だけで飯が食えるほど勝ち続けたいならうまめし.com 競馬必勝法を読む事やな!

フォローする

コメント

  1. ゴーシュ より:

    ゆうぞうさん 、お久しぶりです。
    相変わらず舌好調ですね。あやかりたいです。
    来週は夏休みなので、
    久しぶりにゆっくり競馬ができます。
    軍資金は諭吉10枚。
    大井のトゥインクルでどれだけ増やすことができるか?
    いやー、楽しみです!

    • 馬券生活者ゆうぞう より:

      どーも、どーも、こんにちは!
      来週は黒潮盃ですね!
      10枚を4.8倍に増やしてYKC48にしちゃってください(笑)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です