ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

競馬 複勝中穴狙いで当てる方法

こんにちは、馬券生活者ゆうぞうです。

今回は複勝で中穴狙いする方法について話そうと思う。実は複勝の中穴狙いはJRAと地方競馬では若干考え方が異なっていて、JRAの場合狙い馬そのものは中穴人気でも、1番人気がかなり高い確率で3着以内に来ると思われる場合には美味しい馬券になりづらい。

どういう事かと言うと、ご存知の通りJRAプラス10があるので複勝1.0倍以下の馬はJRAが損しない範囲で無理やり1.1倍のオッズをつけてくれるんやが、その分一緒に入着した他の馬の複勝オッズは低く抑えられてしまうわけや。

その代わり、その人気集中した馬が馬券圏外に飛んだ場合は穴馬の複勝配当は文字通りハネ上がる訳やから、別に損とか得とかの話ではなくて、1番人気がかなり人気集中してて、なおかついくらなんでも3着以内には来るで…と言う場合には、素直にワイドとかに走った方が幸せになれる場合もあるって事を覚えておいて欲しいねん。

地方競馬にはプラス10が無いので、人気が集中すれば問答無用で1.0倍の元返しになる。当然こういう人気集中馬と一緒に穴馬が来ると、その分配当は低く抑えられてしまう理屈は同じやねんけど、110円保証するのと100円の元金だけ保証するのとではやっぱりちゃうわな。

要するに、本命の信頼度が微妙な時に穴を狙うのが複勝にとっては重要やと言う事やね。それは他の馬券にも言えそうな事やが、穴馬を軸にした場合はどうしても相手候補の筆頭は人気馬になりやすいやん、複勝の場合は1頭が来れば後はもうメチャクチャになってくれってのが本音やからね。

まぁ100点満点とは行かんけども、1つお手本を見せようと思う。

2014年8月16日の盛岡競馬5レースやねんけど、このレースはどういう訳か、どの馬も結構似たりよったりの実績で、わしの買うたチャームスマイルの複勝オッズは3.1倍-5.0倍と複勝にしてはまぁまぁ好配当と呼べる、9頭立ての単勝7番人気(複勝8番人気)の馬やってん。

9頭立てで8番人気と言う事は、18頭立てに換算したら16番人気あたりやからね、これはなかなかあんた、そう簡単に手が出せる馬とちゃいまっせ、天才の為せる業ですわ。

と、言うかわしは何も特別な事は何もしてへんねん。

チャームスマイルの前走の時計(走破タイム)が1200mで1分14秒0やってんけど、他の馬で少なくとも近走1200mを1分13秒台で走った馬は皆無。しかも、騎手が昨年1年間かけて16勝の千田から、昨年70勝の先輩高橋悠里に乗り替わりやがな。

しかも、他の馬は人気馬でもC2の四組から八組ぐらいを走ってた馬が多いのに、このチャームスマイルは前走C2の三組で3着でっせ?なんでこの馬が1番人気か2番人気ぐらいにならんのかホンマに真剣に悩んだで。

恐らくお盆開催で地方競馬のクラス分けの匙加減がわからん御仁が仰山おったんやろな。すまんのう、せっかくの休日のお楽しみのところ、わしが金を獲ってしまうけど、すまんのう。これが平民と天才の違いや、すまんのう。

などと小芝居をしながらオッズパークの投票ボタンをクリック。

レースは9番人気の馬が逃げて、その2番手に我がチャームスマイルが付けて、最後は抜け出してスパートをかけるも、単勝2番人気(複勝1番人気)のヤマニンアンビーにだけ差されて2着。

結局人気馬との入線やったから複勝配当は350円までしかハネへんかったけど、それでも余裕の的中やったし大満足やったで。

やっぱり競馬ちゅうもんは、ちゃんと常日頃勉強しとる者が強いねん。

馬券だけで飯が食えるほど勝ち続けたいならうまめし.com 競馬必勝法を読む事やな!

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です