ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

新潟競馬で勝つ方法

こんにちは、馬券生活者ゆうぞうです。

今年は工事の関係でG1スプリンターズステークスが新潟競馬場で行われる。そこで今日は新潟競馬場で勝つ方法を下々の民に伝授したいと思う。

新潟競馬場と言えば長い長い直線をイメージされる人も多いかと思うが、スプリンターズステークスで使用される芝の1200mの直線は長くないので注意が必要やで。

スプリンターズステークスが新潟競馬場で行われるのは今年だけで、次に新潟でG1が開催されるのは当分先の事になるとは思うねんけど、通常やと夏競馬で新潟競馬を走った後の馬が、9月以降中山競馬で走るケースもあるやろし、今日はざっと中山と新潟の違いについて学んでもらおうやないか。

新潟競馬場と中山競馬場の大きな違いは、

  • 新潟は平坦、中山はアップダウンが激しい
  • 新潟は左回り、中山は右回り
  • 中山の外回りコースはコーナーが長い

順番に説明するが、新潟競馬場は芝の外回りコースやと高低差は2mやが、スプリンターズステークスの舞台となる芝1200mは内回りやから高低差はほぼ無い。しかし、中山では高低差は4mとなり、それだけパワーが求められるちゅう事やな。

次に右回り左回りは、もう言葉のまんま、説明の必要は無いやろう。右回りが苦手な馬とか、左回りが苦手な馬とか、そういう馬は要注意ちゅう事やな。ちなみに人間は殆どの人が右利きやが、馬の場合は特にそういう極端な利き脚の偏りは無い。

あと、これもスプリンターズステークスの舞台となる芝1200mコースの話やが、新潟の場合はコーナー部分がおよそ400mやが、中山の場合は600mぐらいコーナーや、レースの半分はコーナーや。そやから外枠が不利になりやすい。

さぁ、では新潟競馬で勝つにはどうしたらええか、よう聞きなはれや。

関東馬がよく使用する競馬場の内、東京競馬場・中山競馬場・福島競馬場は全て最後の直線に登り坂がある。しかし、新潟競馬場にはそれが無い。

つまり、いつもは最後の直線の坂でスタミナ切れになって沈んでしまってたような馬が、新潟競馬場ではスイスイスイと最後まで粘ってしまう可能性が高いちゅうこっちゃ!!!

ただし、なんでもええから逃げ先行馬買ってりゃええってもんちゃうで、あくまで「この馬は坂さえなければもっと出来る子やのになぁ…」と言う馬を狙うんやで!事実、統計データだけを見ると芝1200mで逃げ馬の勝率は福島・中山・新潟ともに大差が無いからな。

馬券だけで飯が食えるほど勝ち続けたいならうまめし.com 競馬必勝法を読む事やな!

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です