ゆうぞうが心から信頼して尊敬している馬券師→うまめし.com 競馬必勝法

競馬 夏の間にグンと成長した…と言う口車

こんにちは、馬券生活者ゆうぞうです。

いやーホンマ気の毒な事でっせ。神戸新聞杯のサトノアラジンやがな、馬券買うた人は気の毒でっせ、テレビのうまんchu見てたらアンカツを中心に結構多くの人がサトノアラジンを本命にしてたし、単勝人気も2番人気やし、そら結構な金額が動いてまっせ。

サトノアラジンは元々素質馬と言う評判で、春はトップクラスの馬たちにあと一歩及ばずに善戦止まりやったわけやが、7月8月と2連勝して馬が成長した、春とは違った内容の競馬が出来るようになったと注目が集まったわけや。

確かに神戸新聞杯では1000万クラスを勝ったばかりの馬が馬券に絡む事は毎年のように起きてるわけで、春が微妙やった馬も変わり身を見せる事は多々ある。

そやけどパドックでもスタート前の実況でもやたら「成長した、成長した」て言うねんけど、成長なんてもんは(精神的な成長ならなお)数値化出来るもんでもあるまいし、どないして成長したと判断してんねん?

ホンマね、関係者のコメントとか、鵜呑みにしたらあかんよ、世界三大信用できへんコメント教えといたるわ。

  • 放牧先の牧場で乗り込んで来たから大丈夫
  • 距離が伸びるけど、気性的にこなしてくれると思う
  • 成長を見せてるから大丈夫

嘘つけぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇい!!!!

今回の神戸新聞杯は藤岡ジョッキーが上手く乗りよったな、ワンアンドオンリーと一緒にスゥーっとポジションを上げて行ったけど、サトノアラジンとの消耗戦だけはワンアンドオンリーに任せて、競り合いが終わる頃に外から襲いかかると言う作戦や。

結局2着ではあったものの、あれはなかなか面白いレースやったと思うで。まぁ一緒に競り合いに参加してたら突き抜けてたかも知れへんけど。あと3着のトーホウジャッカルも惜しかったなぁ。

直線ちょっとサウンズオブアースの背後になってしまって、そこから進路を外に出すのに一瞬のロスが発生したんやが、あれがなければ1着あってもおかしくない脚色やったな、ワンアンドオンリーもサウンズオブアースも早めに動いた分チャンスはあったんや。

パトロールビデオ見たらわかるけど、サウンズオブアースが外へ外へ行くからインに入り、そこから伸びようとした所にまたサウンズオブアースが内へ内へやって来て、それを避けるのに外に出して…とロスが大きかった。

あれスムーズやったら勝ってるで。ま、馬券買えてへんからどうでもええねんけどな。がはは!

4番人気のウインフルブルームは13着、皐月賞3着馬にしては残念な着順やったな。5ヶ月ぶりやし、まぁこんなもんちゃうか。

馬券だけで飯が食えるほど勝ち続けたいならうまめし.com 競馬必勝法を読む事やな!

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です